自然環境  ロハス建材

ロハス  ロハス建材   評判

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ロハス建材評判

高等植物で、交配しない種間での遺伝子の水平移動が最近注目されています。植物同士の寄生が植物種間の遺伝子水平伝播を容易 にしていると考えられるようになりました。ブドウ科植物に寄生するラフレシア(Raflesiaceae科)のミトコンドリアの遺伝子の一部はその寄主であるブドウ科の Tetrastigma属(ブドウカズラ属)に近く、ラフレシアのミトコンドリアの 遺伝子の一部は寄主から水平移動で得られたものであると考えられています。
  逆に寄生植物から寄主植物への遺伝子の水平伝播は、この二つの植物が物理的に接触することによって起こることが系統発生学的 および生物地理学的に証明されています。
  オオバコ属(Plantago属、オオバコ科)には多くの種がありますが、ヨーロッパや北米原産 の3種のオオバコ(P. coronopus、 P. subspathulata、 P. macrorhiza)のミトコンドリ ア遺伝子の一部は、同じ地域に在来種として生育しているネナシカズラ(Cuscuta属、 ヒルガオ科)のそれに近く、ネナシカズラがこの3種のオオバコの共通の祖先に持ち込んだものと考え られています。
また、他の2種のオオバコ(P. rigida、 P. tubulosa)もミトコンドリアの遺伝子の一部がハマウツボ科の植物に由来するものと思われ ます。生物地理学的にも、このオオバコ2種とこのハマウツボ科植物のほとんどの種がアンデス北部に のみ生息することから説明できます。これらの水平伝播は、系統発生や分子時計解析から、 比較的近年(200-300万年前)に起こったと考えられています。 これらの遺伝子の伝播は、寄生植物から寄主植物へ、直接DNAを受け渡したものでしょうが、生物的 な媒介者(花粉、かび、バクテリア、バイラス、昆虫)が仲介者である可能性も排除できません。005 (640x480) (500x375) (500x375)
スポンサーサイト
  1. 2013/09/18(水) 16:06:40|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

トラックバック

トラックバック URL
http://lohasusengoku.blog.fc2.com/tb.php/952-529d20c8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。