自然環境  ロハス建材

ロハス  ロハス建材   評判

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ロハス建材手抜きなし

植物の体内の水は、何も混じっていない水に比べると濃くなっています。植物の根の周りにある水が植物の体内の水よりも薄ければ植物は水を吸うことができますが、周りの水の方が濃ければ植物は水を吸うことができず、反対に体内の水を失ってしまいます。植物体内の水にも塩が溶けています。
もし根の周りの水に体内よりもたくさんの塩が溶けていたら植物はどうなるのでしょうか?
そうです。植物はその水を吸うことができず、やがてしおれて、しまいには枯れてしまうのです。また体内に水と一緒に取り込まれた塩のうち、ある種類のものは植物の体の働きを狂わせてしまいます。ですから、乾燥地かんそうちでは地面に塩がたまりやすいため植物が育ちにくく、たくさんの塩類集積えんるいしゅうせきが起こると植物が生きられなくなり、やがてただの塩と土だけの大地となってしまうのです。030 (400x300)
スポンサーサイト
  1. 2013/07/15(月) 14:11:26|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

トラックバック

トラックバック URL
http://lohasusengoku.blog.fc2.com/tb.php/869-a01c3dc7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。