自然環境  ロハス建材

ロハス  ロハス建材   評判

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ロハス建材手抜きなし

 16世紀になると、商業国家であったアユタヤーには当然ながら様々な新しい食べ物が輸入され、それらは即座にインドシナ半島中に広がっていった。その中でもっとも大きな役割を果たしたのはなんといってもトウガラシである。トウガラシは現代のタイ料理には欠かすことのできない香辛料であり、外国人がタイ料理と聞いた時に最初に思い浮かべるのはトウガラシの辛さではないだろうか。いわばタイ料理のシンボルにさえなっているわけで、まるで大昔からタイ料理の中で使われてきたことが当たり前のように思われるのだが、事実は違うのである。トウガラシはタイ族が東南アジアに来てから300年も経ってから出会ったモノであったのだ。では、それ以前のタイ料理は、辛くなかったのであろうか。いや、それは正しくないように思われる。コショウを主としてイーラー(ウイキョウ)、クラティアム(ニンニク)などを使って辛さを持たせていたと考えられるからだ。015 (400x300)
スポンサーサイト
  1. 2013/10/27(日) 10:26:53|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

トラックバック

トラックバック URL
http://lohasusengoku.blog.fc2.com/tb.php/1052-becec404
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。