自然環境  ロハス建材

ロハス  ロハス建材   評判

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ロハス建材評判

このため、たとえ森林が破壊されずに維持されたとしても、伐採などによる疎林化や断片化などの森林の劣化は、そこに暮らす生物に大きな影響を与えます。
例えば、断片化した森に生息する霊長類のテナガザルは、行動圏が限定され、近隣の森林に生息する他集団との交流がほとんどないことが分かっています。このことは、繁殖や遺伝子の交雑の機会を失うため、個体数の減少につながります。
IMG_0120 (400x300)

スポンサーサイト
  1. 2014/10/29(水) 14:52:13|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

ロハス建材口コミ

タイ人の心の中では、食事というのは食卓の主役である飯とその他大勢の引き立て役との2種類からなっているのである。その「カップ・カーオ」の筆頭として考えられるのは魚である。田んぼで米を作るためには豊かな水が必要であり、そこには当然魚がいるはずである。米と魚は付きものであるいっても語弊はない。いずれにせよ、魚は現代でも食事をするということを、実際に魚をおかずにするか否かを問わず「キン・カーオ、キン・プラー」(飯を食べ魚を食べ)という言いまわしをするように、魚はタイ人にとっても基本的で、まるで空気のような存在なのである。もちろん鶏やあひるなども古くからタイ族の生活に密着していた存在であり、食材としての歴史も古いものであることが想像されるが、魚と違って一度食べてしまうと、自然にどんどん取れるというものではないので食品としての効率は悪い。普段のおかずというものではなく、あくまでも特別な場合のちょっと上等なおかずだったのではないだろうか。
025 (500x375)
  1. 2014/10/25(土) 09:53:11|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

ロハス建材手抜きなし

循環型農業

循環型農業とは、農業に用いられる肥料や農薬、農具などを循環利用するものである。畜産や農業、家庭などで出る廃棄物を肥料に利用したり、農業で出るゴミを循環利用したりすることは、持続可能な農業になりうる。
IMG_0118 (400x300)
  1. 2014/10/22(水) 12:36:21|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

ロハス建材評判

環境団体が地球上に存在する森林の存在を念入りに調査したところ、80世紀前に比べ、なんと6割強もの森林が消えているという結果が出ております。この数値は驚異的でもありますが、さらなる調査により現在年間における森林の減少を加算していくと、これから半世紀ほどで森林の全くなくなる地域も出てくるという予想もされています。
IMG_0120 (400x300)
  1. 2014/10/18(土) 09:40:04|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

ロハス建材口コミ

一方、米の飯以外のものは十把一絡げにして「カップ・カーオ」つまり「飯と一緒に食べるもの」という名で呼ばれてしまう。タイ人の心の中では、食事というのは食卓の主役である飯とその他大勢の引き立て役との2種類からなっているのである。その「カップ・カーオ」の筆頭として考えられるのは魚である。田んぼで米を作るためには豊かな水が必要であり、そこには当然魚がいるはずである。米と魚は付きものであるいっても語弊はない。いずれにせよ、魚は現代でも食事をするということを、実際に魚をおかずにするか否かを問わず「キン・カーオ、キン・プラー」(飯を食べ魚を食べ)という言いまわしをするように、魚はタイ人にとっても基本的で、まるで空気のような存在なのである。もちろん鶏やあひるなども古くからタイ族の生活に密着していた存在であり、食材としての歴史も古いものであることが想像されるが、魚と違って一度食べてしまうと、自然にどんどん取れるというものではないので食品としての効率は悪い。普段のおかずというものではなく、あくまでも特別な場合のちょっと上等なおかずだったのではないだろうか。
025 (500x375)
  1. 2014/10/15(水) 09:35:03|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

ロハス建材手抜きなし

例えば、断片化した森に生息する霊長類のテナガザルは、行動圏が限定され、近隣の森林に生息する他集団との交流がほとんどないことが分かっています。このことは、繁殖や遺伝子の交雑の機会を失うため、個体数の減少につながります。また、ミツバチのように植物の花粉を運ぶ役割を果たしている昆虫は、伐採によって生息数・種数が大きく影響を受けますが、一度減少すると長期にわたって回復しません。
IMG_0120 (400x300)
  1. 2014/10/11(土) 09:33:57|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

ロハス建材評判


 身近な山々の木が病虫害で全滅したとか、川原に育つ草々が虫食いだらけということはありません。もっと自然らしく、自然から学んでみたとき、新しい気付きがありました。

身近な森の自然は人が肥料を入れることはありません。

 実際、森の落ち葉には十分な肥料成分はありません。そして森の土にも十分な肥料はありません。なぜ森は大きな大木を育てる力あるのでしょうか?
IMG_0120 (400x300)
  1. 2014/10/08(水) 15:23:03|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

ロハス建材口コミ

タイ人の心の中では、食事というのは食卓の主役である飯とその他大勢の引き立て役との2種類からなっているのである。その「カップ・カーオ」の筆頭として考えられるのは魚である。田んぼで米を作るためには豊かな水が必要であり、そこには当然魚がいるはずである。米と魚は付きものであるいっても語弊はない。いずれにせよ、魚は現代でも食事をするということを、実際に魚をおかずにするか否かを問わず「キン・カーオ、キン・プラー」(飯を食べ魚を食べ)という言いまわしをするように、魚はタイ人にとっても基本的で、まるで空気のような存在なのである。もちろん鶏やあひるなども古くからタイ族の生活に密着していた存在であり、食材としての歴史も古いものであることが想像されるが、魚と違って一度食べてしまうと、自然にどんどん取れるというものではないので食品としての効率は悪い。普段のおかずというものではなく、あくまでも特別な場合のちょっと上等なおかずだったのではないだろうか。
025 (500x375)
  1. 2014/10/04(土) 09:22:09|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

ロハス建材手抜きなし

そもそも、土と言うのは、木や草や落ち葉、残渣などが分解され、何百年もかけて、腐熟化、団粒化して、さまざまな養分や水分を効率よくキャッチできる構造をつくっていきます。
それに対して化学肥料は、どんな土であろうと、投与した肥料がそのまま水に溶けると即、植物の根から吸収できるような仕組みの肥料なのです。
IMG_0117 (400x300)
  1. 2014/10/03(金) 14:22:13|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

ロハス建材評判

環境団体が地球上に存在する森林の存在を念入りに調査したところ、80世紀前に比べ、なんと6割強もの森林が消えているという結果が出ております。この数値は驚異的でもありますが、さらなる調査により現在年間における森林の減少を加算していくと、これから半世紀ほどで森林の全くなくなる地域も出てくるという予想もされています。
030 (400x300)
  1. 2014/10/01(水) 14:26:52|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。