自然環境  ロハス建材

ロハス  ロハス建材   評判

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ロハス建材口コミ

海では陸地からの栄養分と酸素が様々な生物の生態系を助けています。海上では、雨を含んだ雲が生まれ、地球上の熱をコントロールしながらやがて雨や雪となって森林を潤してくれます。
森林と海の循環機能は地球上の温度と大気のバランスを保ってくれる炭素吸収源であり、大切な浄化システムなのです。このシステムの機能が弱り、どんどんと温暖化も進行してしまうのです。058 (400x300)
スポンサーサイト
  1. 2014/05/31(土) 09:27:53|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

ロハス建材口コミ

森林が作り出すのは、沢山の生物が暮していける豊かな環境と生物には欠かせない酸素です。よって自然のジャングルや森には、様々な種類の植物や動物で構成された生態系があり、その中を通る川や地下水によって酸素を多く含んだ栄養分豊かな水が海へと流れ込んでいきます。IMG_0120 (400x300)
  1. 2014/05/31(土) 09:27:02|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

ロハス建材口コミ

また、焼き畑による農業が行われているところもあります。焼畑を行うと石灰分が土壌に吸収され、一時的に農作物は育ちますが、雨が少ない地域では土地を乾燥させてしまうためやがて作物がそだたなくなります。
しかし、深刻な貧困に悩むところでは、焼き畑農業を行い少しでも食べ物を作らなければ生きていけないところもあるのが現状です。IMG_0118 (400x300)
  1. 2014/05/31(土) 09:26:06|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

ロハス建材手抜きなし

3.MOA自然農法
1.大規模な営農が可能(高い収益が狙える)
2.全国規模で組合が存在する。(ガイドラインがある)
3.自然栽培に近いが、地力が足りない場合は、堆肥(草)を認めている。
4.慣行農法からの転換は早い
5.市場で取引される単価は自然栽培同様高い
IMG_0118 (400x300)
  1. 2014/05/30(金) 14:58:15|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

ロハス建材手抜きなし

4.連作障害など全くない。
5.市場で取引される単価は、慣行に比べて約2倍以上
6.慣行農法からの転換は時間がかかる(5年といわれている)
7.初期コストはかかる(トラクター1台あればよい。稲作はコンバインなど必要)
IMG_0114 (400x300)
  1. 2014/05/30(金) 14:57:09|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

ロハス建材手抜きなし

2.自然栽培
1.大規模な営農が可能(高い収益が狙える)
2.自家採取を繰り返す
3.全くの無肥料、無農薬で作物を栽培、自家採取を続けることで5年目以降には虫が
全く寄りつかない状態を作り出す。
さらに年月が進むと、雑草は生えなくなり、病気にも強く生産性は飛躍的に向上し続ける。
IMG_0116 (400x300)
  1. 2014/05/30(金) 14:55:23|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

ロハス建材評判

14世紀前半からチャオプラヤー川下流域に勢力を持ち始めたアユタヤーは、水上交通の要所に位置し、当初からごく商業的な性質を持った町であった。1350年にウートーンの領主がここを都として王朝をひらき、以後1767年にビルマによって滅亡されるまで、およそ400年間の間、アユタヤーは、インドシナ半島における政治的権力の中心としてのみならず、モノの流れの中心地、いわば巨大な市場としての繁栄したのである。市場であるアユタヤーの町にはさまざま地域から来た商人たちが住みつき、新しい食材や調理法が伝えられてきた。それらが混ざり合い、影響しあいながら、新しいものが生み出されていくという課程が、アユタヤーの食の風土だったのである。タイ
  1. 2014/05/29(木) 14:55:35|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

ロハス建材評判

スコータイ時代には、市場が機能していたと考えられている。第一碑文第三面には次のように記されている。
「このスコータイの北側に、タラート・パサーン(パサーン市場)あり。アチャナ仏あり。宮居あり。ココヤシのパーあり、パラミツのパーあり。畑あり、稲田あり。里あり、大小の家屋あり」
パサーンとはバザールに由来する語だと考えられ大掛かりな多品目の市場である。パーとは果樹園のことだが、一つの品目だけを扱う小規模の市場のことだという解釈もあり、どの訳が正しいのかは判断がつかない。また、碑文には、
「スコータイの都では、マーク(ビンジロウ)のパー、プルー(キンマ)のパーが町中にあり、ココヤシのパーも都に多く、パラミツのパーも都に多く、マンゴーのパーも都に多くタマリンドのパーも都に多く、(以下省略)」
とあって食材となる様々な果物が作られ、売られていたことが想像できる。作り、売ることができるのであるから、これらの果物はしかるべく需要のある、ポピュラーな食材であったこともわかる。市場があるということはスコータイの外からモノを持って売りにくる人や買いに来る人があったということであり、そうした出会いがモノや方法の広がりを生んでいったと考えられる。
028 (400x300)
  1. 2014/05/29(木) 14:54:02|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

ロハス建材評判

もちろん鶏やあひるなども古くからタイ族の生活に密着していた存在であり、食材としての歴史も古いものであることが想像されるが、魚と違って一度食べてしまうと、自然にどんどん取れるというものではないので食品としての効率は悪い。普段のおかずというものではなく、あくまでも特別な場合のちょっと上等なおかずだったのではないだろうか。
025 (500x375)
  1. 2014/05/29(木) 14:52:16|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

ロハス建材口コミ

すべての生物は、他の生物とお互いにつながりをもって生きていく役割をもっているので、
世界の生物種の約75%がいるといわれている熱帯林で1 種の生物が絶滅すれば、
その生物に依存して生きている昆虫など、10~30種の生物が絶滅の危機に陥ります。
025 (500x375)


  1. 2014/05/28(水) 14:19:03|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

ロハス建材口コミ

● 絶滅種の数

恐竜時代は、1,000年間に1種、絶滅していたと推定。
人類が登場する以前は、3年から5年間に1種、絶滅していたと推定。
人類が登場して以来は、急激な速さで種の絶滅が進んでいて、
1970年代は、1日1種が絶滅し、
1980年代は、1日50種以上が絶滅し、
2000年に入り、1日100種以上が絶滅している、といわれています。

011 (400x300)
  1. 2014/05/28(水) 14:17:02|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

ロハス建材口コミ

また、多様な生物がすむ素晴らしい自然環境は、私たちの心に豊かな潤いを与えてくれます。
レクリェーションや芸術の糧としても生物は、かけがえのない存在です。
しかし、人間の経済活動によって、熱帯林、湿原、川、干潟などの生態系が失われてきて、
近年、動植物が、いちじるしい速度で絶滅に追い込まれています。
028 (400x300)



  1. 2014/05/28(水) 14:16:04|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

ロハス建材手抜きなし

そこまで、科学は発達しているのでしょうか?それとも、もっと豊かな環境を求めて、違う星へと飛び立つのでしょうか?遠い未来のことは誰にもわかりません。私たちができることは、今現在の地球環境を守ることです。森林を守っていくことなのです。030 (400x300)
  1. 2014/05/27(火) 14:32:13|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

ロハス建材手抜きなし

豊かな水・豊かな土地・豊かな環境をつくっているのは、森林なのです。私たち自身が生きていけるのは、森林があるからなのです。森林は、水をため、空気を作り、食べ物もつくりますよね?私たちが思い描く未来には、森林がなければ、どのようにして暮らしていくのでしょうか?024 (500x375)
  1. 2014/05/27(火) 14:30:49|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

ロハス建材手抜きなし

森林伐採を防止する対策としては、これから先、森林の環境について、しっかり学んでいかなければなりません。自然森林を守り、そして、保護していくことも大切な役割です。動物も人間もうまく共存していくために、森林は欠かせないのです。森林伐採を行うことで、1番困るのは誰でしょうか?私たち自身なのです。028 (400x300)
  1. 2014/05/27(火) 14:24:49|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

ロハス建材評判

人間による外来種の導入は、競争による在来種や固有種の絶滅や、遺伝子汚染による生物種の変化を通じて多様性に強く脅威を与える。外来生物は、捕食者や寄生者、あるいは養分・水・光を在来種から奪う単に攻撃的な種であることがある。025 (500x375)
  1. 2014/05/25(日) 12:20:15|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

ロハス建材評判

他の陸地に生息する種から、海や大洋といった障害物によって隔絶されていたことにより、地球各地に多様性が豊かな地域が生じた。しかしながら、人間は船や飛行機を発明し、過去の進化史上で出会うことがなかった生物種を接触させる力を持った。 063 (400x300)
  1. 2014/05/25(日) 12:15:29|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

ロハス建材評判

他の陸地に生息する種から、海や大洋といった障害物によって隔絶されていたことにより、地球各地に多様性が豊かな地域が生じた。しかしながら、人間は船や飛行機を発明し、過去の進化史上で出会うことがなかった生物種を接触させる力を持った。 003 (400x300)
  1. 2014/05/25(日) 11:30:20|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

ロハス建材口コミ

それでは、植物にとってはどのような環境がストレスとなるのであろうか。一般的によく知られているのは、強光ストレス、低温ストレス、高温ストレス、乾燥ストレスなどである。この他、降雨や連続暗黒もストレスになりうる。IMG_0105 (400x300)
  1. 2014/05/24(土) 11:27:43|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

ロハス建材口コミ

動物が体の状態を変化させないことによって生命を維持しているとすれば、植物は環境に応じて体の状態を積極的に変化さることによって生命を維持しており、そのような変化こそが、植物のストレス応答の本質であると言える。IMG_0100 (400x300)
  1. 2014/05/24(土) 11:24:20|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

ロハス建材口コミ

植物では、強い太陽光が照りつけるからといって日陰にはいることもできず、また、雨を避けることもできない。移動能力を持っていれば避けうるストレスも、植物は甘受しなければならないのである。植物はそのような条件の中で、ストレスによる阻害を最小限に押さえ、生存に必要な化学反応を何とか進行させ続けるために、自らの代謝反応などをその状況にあったものに作りかえる。IMG_0108 (400x300)
  1. 2014/05/24(土) 11:23:22|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

ロハス建材手抜きなし

家庭菜園でする場合はこの農法が適していると思います。
しかし有機肥料だけでは栄養分の偏りや、完熟していないと虫が付き易く結構難しいです。
追肥には化成肥料など少し配合して工夫をすれば大体作ることが出来ます。
私も大半がこの農法です。
IMG_0113 (400x300)

 
  1. 2014/05/23(金) 15:48:47|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

ロハス建材手抜きなし

有機農法は通法に従い有機肥料の元肥を入れ耕し、畝を作り、種を播き、草が生えれば除草をする。
時々有機肥料の追肥を行ないます。
農薬は基本的には使用しません。
しかし現実には低農薬とか収穫前に農薬を控えたりした様々な方法があるようです。 IMG_0118 (400x300)
  1. 2014/05/23(金) 15:44:06|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

ロハス建材手抜きなし

このような状態が2、3年続くと虫や微生物が住み着き、草と虫の糞や微生物により肥料を与えなくても自給出来る状態になってきます。
当然バランスのとれた状態ができあがり、農薬の必要はありません。
要するに自然の循環に任せる農法で人は手助けをするだけです。
簡単なようで結構難しく10年ほど思考錯誤しています。
自然を観る眼が無いのか野菜の声が聴けないのか、いずれにしてもまだまだ未熟者ではありますが、最近ようやく理解できるようになっていました。
IMG_0114 (400x300)

 
  1. 2014/05/23(金) 15:42:21|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

ロハス建材評判


14世紀前半からチャオプラヤー川下流域に勢力を持ち始めたアユタヤーは、水上交通の要所に位置し、当初からごく商業的な性質を持った町であった。1350年にウートーンの領主がここを都として王朝をひらき、以後1767年にビルマによって滅亡されるまで、およそ400年間の間、アユタヤーは、インドシナ半島における政治的権力の中心としてのみならず、モノの流れの中心地、いわば巨大な市場としての繁栄したのである。市場であるアユタヤーの町にはさまざま地域から来た商人たちが住みつき、新しい食材や調理法が伝えられてきた。それらが混ざり合い、影響しあいながら、新しいものが生み出されていくという課程が、アユタヤーの食の風土だったのである。タイ
  1. 2014/05/22(木) 15:53:53|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

ロハス建材評判

スコータイ時代には、市場が機能していたと考えられている。第一碑文第三面には次のように記されている。
「このスコータイの北側に、タラート・パサーン(パサーン市場)あり。アチャナ仏あり。宮居あり。ココヤシのパーあり、パラミツのパーあり。畑あり、稲田あり。里あり、大小の家屋あり」
パサーンとはバザールに由来する語だと考えられ大掛かりな多品目の市場である。パーとは果樹園のことだが、一つの品目だけを扱う小規模の市場のことだという解釈もあり、どの訳が正しいのかは判断がつかない。また、碑文には、
「スコータイの都では、マーク(ビンジロウ)のパー、プルー(キンマ)のパーが町中にあり、ココヤシのパーも都に多く、パラミツのパーも都に多く、マンゴーのパーも都に多くタマリンドのパーも都に多く、(以下省略)」
とあって食材となる様々な果物が作られ、売られていたことが想像できる。作り、売ることができるのであるから、これらの果物はしかるべく需要のある、ポピュラーな食材であったこともわかる。市場があるということはスコータイの外からモノを持って売りにくる人や買いに来る人があったということであり、そうした出会いがモノや方法の広がりを生んでいったと考えられる。028 (400x300)


  1. 2014/05/22(木) 15:51:50|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

ロハス建材評判

もちろん鶏やあひるなども古くからタイ族の生活に密着していた存在であり、食材としての歴史も古いものであることが想像されるが、魚と違って一度食べてしまうと、自然にどんどん取れるというものではないので食品としての効率は悪い。普段のおかずというものではなく、あくまでも特別な場合のちょっと上等なおかずだったのではないだろうか。
011 (400x300)
  1. 2014/05/22(木) 15:49:41|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

ロハス建材口コミ


すべての生物は、他の生物とお互いにつながりをもって生きていく役割をもっているので、
世界の生物種の約75%がいるといわれている熱帯林で1 種の生物が絶滅すれば、
その生物に依存して生きている昆虫など、10~30種の生物が絶滅の危機に陥ります。

030 (400x300)
  1. 2014/05/21(水) 15:11:31|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

ロハス建材口コミ

● 絶滅種の数

恐竜時代は、1,000年間に1種、絶滅していたと推定。
人類が登場する以前は、3年から5年間に1種、絶滅していたと推定。
人類が登場して以来は、急激な速さで種の絶滅が進んでいて、
1970年代は、1日1種が絶滅し、
1980年代は、1日50種以上が絶滅し、
2000年に入り、1日100種以上が絶滅している、といわれています。

011 (400x300)
  1. 2014/05/21(水) 15:10:31|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

ロハス建材口コミ

また、多様な生物がすむ素晴らしい自然環境は、私たちの心に豊かな潤いを与えてくれます。
レクリェーションや芸術の糧としても生物は、かけがえのない存在です。

しかし、人間の経済活動によって、熱帯林、湿原、川、干潟などの生態系が失われてきて、
近年、動植物が、いちじるしい速度で絶滅に追い込まれています。
028 (400x300)





  1. 2014/05/21(水) 15:09:38|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。