自然環境  ロハス建材

ロハス  ロハス建材   評判

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ロハス建材評判


すべての生物は、他の生物とお互いにつながりをもって生きていく役割をもっているので、
世界の生物種の約75%がいるといわれている熱帯林で1 種の生物が絶滅すれば、
その生物に依存して生きている昆虫など、10~30種の生物が絶滅の危機に陥ります。
035 (400x300)
  1. 2014/04/18(金) 14:32:12|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

ロハス建材評判

● 絶滅種の数

恐竜時代は、1,000年間に1種、絶滅していたと推定。
人類が登場する以前は、3年から5年間に1種、絶滅していたと推定。
人類が登場して以来は、急激な速さで種の絶滅が進んでいて、
1970年代は、1日1種が絶滅し、
1980年代は、1日50種以上が絶滅し、
2000年に入り、1日100種以上が絶滅している、といわれています。

011 (400x300)
  1. 2014/04/18(金) 14:30:52|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

ロハス建材  仙石敦嗣


今日はあいにくのお天気です

それでも鼻がムズムズするのはなぜでしょう

もう花粉も終わってほしいです



社長から差し入れを頂きました

『アイスコーヒー』

美味しい季節が近づいてきましたね

御馳走様です

DSC_0071.jpg

  1. 2014/04/18(金) 12:35:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

ロハス建材口コミ

14世紀前半からチャオプラヤー川下流域に勢力を持ち始めたアユタヤーは、水上交通の要所に位置し、当初からごく商業的な性質を持った町であった。1350年にウートーンの領主がここを都として王朝をひらき、以後1767年にビルマによって滅亡されるまで、およそ400年間の間、アユタヤーは、インドシナ半島における政治的権力の中心としてのみならず、モノの流れの中心地、いわば巨大な市場としての繁栄したのである。市場であるアユタヤーの町にはさまざま地域から来た商人たちが住みつき、新しい食材や調理法が伝えられてきた。それらが混ざり合い、影響しあいながら、新しいものが生み出されていくという課程が、アユタヤーの食の風土だったのである。
タイ
  1. 2014/04/17(木) 14:48:14|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

ロハス建材口コミ

スコータイ時代には、市場が機能していたと考えられている。第一碑文第三面には次のように記されている。
「このスコータイの北側に、タラート・パサーン(パサーン市場)あり。アチャナ仏あり。宮居あり。ココヤシのパーあり、パラミツのパーあり。畑あり、稲田あり。里あり、大小の家屋あり」
パサーンとはバザールに由来する語だと考えられ大掛かりな多品目の市場である。パーとは果樹園のことだが、一つの品目だけを扱う小規模の市場のことだという解釈もあり、どの訳が正しいのかは判断がつかない。また、碑文には、
「スコータイの都では、マーク(ビンジロウ)のパー、プルー(キンマ)のパーが町中にあり、ココヤシのパーも都に多く、パラミツのパーも都に多く、マンゴーのパーも都に多くタマリンドのパーも都に多く、(以下省略)」
とあって食材となる様々な果物が作られ、売られていたことが想像できる。作り、売ることができるのであるから、これらの果物はしかるべく需要のある、ポピュラーな食材であったこともわかる。市場があるということはスコータイの外からモノを持って売りにくる人や買いに来る人があったということであり、そうした出会いがモノや方法の広がりを生んでいったと考えられる。

028 (400x300)
  1. 2014/04/17(木) 14:47:19|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

ロハス建材口コミ

もちろん鶏やあひるなども古くからタイ族の生活に密着していた存在であり、食材としての歴史も古いものであることが想像されるが、魚と違って一度食べてしまうと、自然にどんどん取れるというものではないので食品としての効率は悪い。普段のおかずというものではなく、あくまでも特別な場合のちょっと上等なおかずだったのではないだろうか。
016 (400x300)
  1. 2014/04/17(木) 14:45:34|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

ロハス建材手抜きなし

森の木が大きく青々と茂っているのは、毎年落葉し、落ち葉が微生物によって、植物が吸収できる形にまで分解され、その栄養を吸収して、肥料無しでもあのように大きく育つのです。
農薬や化学肥料、除草剤などを使う事は、自然の摂理を完全に無視し、微生物を皆殺しし、生態系を分断させ、死の土となります。IMG_0120 (400x300)
  1. 2014/04/16(水) 15:13:22|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

ロハス建材手抜きなし

自然の摂理から考えると、枯れた草や落ち葉などの有機物を、土の表面や土中にいるミミズや微生物がこれらを餌にして分解し、植物が根っこから吸収する事のできる無機物(微小な物質)の形になってから、自然に植物が栄養として吸収し、成長するのです。IMG_0116 (400x300)
  1. 2014/04/16(水) 15:10:36|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

ロハス建材手抜きなし

こういった硝酸態窒素濃度の多い野菜は虫が好みますので、本来は、人間ではなく、虫さんが食べてしまわなくてはいけないのですが、無理矢理農薬を使って人間が奪取しているのが現状です。IMG_0118 (400x300)
  1. 2014/04/16(水) 15:09:13|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

ロハス建材  仙石敦嗣


ランチで頂いたお刺身がとっても美味しかったです

味にも満足したのですが、器にも感動しました。

とっても綺麗で春らしかったです

こんな素敵な食器。自宅にも欲しいなぁ~


DSC_0069.jpg
  1. 2014/04/16(水) 12:38:18|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

ロハス建材  仙石敦嗣


桜も散ってしまい通勤の楽しみがなくなってしまいましたが・・・(笑)

それでも頑張って本日も出勤です



桜の楽しみはなくなりましたが食の楽しみはまだまだ健在です

『ふきのとうの天ぷら』

ちょっと苦味があって子供の頃は苦手でしたが今は大丈夫です

むしろ今はこの苦味がいいです

大人になったなぁ~

DSC_0070.jpg


  1. 2014/04/16(水) 11:18:20|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

ロハス建材評判

このような中、世界の森林は年々減少・劣化しています。例えば生物多様性の宝庫である原生的な熱帯林は毎年600 万ヘクタールの速さで減少・劣化し、熱帯林に棲む動植物種は毎日100種が消失していると言われています。一方で、世界の森林の12%が国立公園などの保護地域に指定されており、その面積は年々増加しています。生物多様性豊かな森林の減少・劣化をくい止め、次世代へ継承するための取り組みを加速させていくことが必要です。005 (640x480) (500x375) (500x375)
  1. 2014/04/15(火) 15:37:06|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

ロハス建材評判

例えば、断片化した森に生息する霊長類のテナガザルは、行動圏が限定され、近隣の森林に生息する他集団との交流がほとんどないことが分かっています。このことは、繁殖や遺伝子の交雑の機会を失うため、個体数の減少につながります。また、ミツバチのように植物の花粉を運ぶ役割を果たしている昆虫は、伐採によって生息数・種数が大きく影響を受けますが、一度減少すると長期にわたって回復しません。028 (400x300)
  1. 2014/04/15(火) 15:35:16|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

ロハス建材評判

これら生物は森林という空間で非常に密接で複雑な関係を築き上げています。このため、たとえ森林が破壊されずに維持されたとしても、伐採などによる疎林化や断片化などの森林の劣化は、そこに暮らす生物に大きな影響を与えます。030 (400x300)
  1. 2014/04/15(火) 15:34:05|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

ロハス建材  仙石敦嗣


夜は冷え込みますが日中は暖かく過ごせています。

やっぱりまだ朝晩は冷えますね
 

お客様から手土産を頂きました

いつもお気遣いありがとうございます



有名な『GODIVA』

自分ではなかなか買えません

味は勿論の事、ラッピングも素敵です。

特にこのピンクのケースは女子にはたまりません

可愛い~

DSC_0066.jpg
  1. 2014/04/15(火) 09:29:43|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

ロハス建材口コミ

これは異常気象と人為的な環境汚染が重なった結果といえます。さらに深刻な生態系破壊につながっているのは、温室効果ガスを含む産業排出物や車の排気ガス、ごみ焼却時にでる煤煙による大気汚染です。大気汚染は、温暖化や空気を汚すだけでなく雨に溶け込んで水や土壌も汚染してしまうため、森林や河川・海にも大きなダメージを与えているのです。058 (400x300)
  1. 2014/04/13(日) 10:52:42|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

ロハス建材口コミ

工場排水や下水道の整備遅れによって河川に生活排水が流されると、自然の浄化システムでは川の底や土手をコンクリで固めて整備するなど、人為的な工事によって自然の浄化システムが働かなくなります。また、道路整備や木材調達のために山を削り森林伐採を行うことで、弱くなった地盤が大雨によって簡単に崩れてしまうシーンをよく見かけます。042 (400x300)
  1. 2014/04/13(日) 10:49:22|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

ロハス建材口コミ

また、森林は温室効果ガスを中和する大きな役割りをもっているため、伐採によって温暖化が進むことになります。
このまま温暖化が進めば、温かい地域にしか生息しなかった昆虫が寒い地域に生息するようになり、寒い地域でしか生きられない生き物は消えてしまうという可能性も高いのです。030 (400x300)
  1. 2014/04/13(日) 10:47:51|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

ロハス建材手抜きなし

すべての生物は、他の生物とお互いにつながりをもって生きていく役割をもっているので、
世界の生物種の約75%がいるといわれている熱帯林で1 種の生物が絶滅すれば、
その生物に依存して生きている昆虫など、10~30種の生物が絶滅の危機に陥ります。

035 (400x300)
  1. 2014/04/12(土) 10:08:02|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

ロハス建材手抜きなし

恐竜時代は、1,000年間に1種、絶滅していたと推定。
人類が登場する以前は、3年から5年間に1種、絶滅していたと推定。
人類が登場して以来は、急激な速さで種の絶滅が進んでいて、
1970年代は、1日1種が絶滅し、
1980年代は、1日50種以上が絶滅し、
2000年に入り、1日100種以上が絶滅している、といわれています。
003 (400x300)
  1. 2014/04/12(土) 10:06:35|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

ロハス建材手抜きなし

また、多様な生物がすむ素晴らしい自然環境は、私たちの心に豊かな潤いを与えてくれます。
レクリェーションや芸術の糧としても生物は、かけがえのない存在です。

しかし、人間の経済活動によって、熱帯林、湿原、川、干潟などの生態系が失われてきて、
近年、動植物が、いちじるしい速度で絶滅に追い込まれています。





028 (400x300)
  1. 2014/04/12(土) 09:59:36|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

ロハス建材評判

自然の摂理から考えると、枯れた草や落ち葉などの有機物を、土の表面や土中にいるミミズや微生物がこれらを餌にして分解し、植物が根っこから吸収する事のできる無機物(微小な物質)の形になってから、自然に植物が栄養として吸収し、成長するのです。IMG_0114 (400x300)
  1. 2014/04/11(金) 15:57:05|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

ロハス建材評判

又、有機野菜でも、肥料を多く使いすぎると硝酸態窒素濃度の濃い野菜が出来てしまいます。結局究極の味と安全を求めると、米も野菜も無施肥で栽培するのが人間にとっても環境にとっても最善の方法なのです。
IMG_0115 (400x300)
  1. 2014/04/11(金) 15:55:47|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

ロハス建材評判

こういった硝酸態窒素濃度の多い野菜は虫が好みますので、本来は、人間ではなく、虫さんが食べてしまわなくてはいけないのですが、無理矢理農薬を使って人間が奪取しているのが現状です。IMG_0116 (400x300)
  1. 2014/04/11(金) 15:46:02|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

ロハス建材口コミ

14世紀前半からチャオプラヤー川下流域に勢力を持ち始めたアユタヤーは、水上交通の要所に位置し、当初からごく商業的な性質を持った町であった。1350年にウートーンの領主がここを都として王朝をひらき、以後1767年にビルマによって滅亡されるまで、およそ400年間の間、アユタヤーは、インドシナ半島における政治的権力の中心としてのみならず、モノの流れの中心地、いわば巨大な市場としての繁栄したのである。市場であるアユタヤーの町にはさまざま地域から来た商人たちが住みつき、新しい食材や調理法が伝えられてきた。それらが混ざり合い、影響しあいながら、新しいものが生み出されていくという課程が、アユタヤーの食の風土だったのである。タイ
  1. 2014/04/10(木) 15:20:14|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

ロハス建材口コミ

スコータイ時代には、市場が機能していたと考えられている。第一碑文第三面には次のように記されている。
「このスコータイの北側に、タラート・パサーン(パサーン市場)あり。アチャナ仏あり。宮居あり。ココヤシのパーあり、パラミツのパーあり。畑あり、稲田あり。里あり、大小の家屋あり」
パサーンとはバザールに由来する語だと考えられ大掛かりな多品目の市場である。パーとは果樹園のことだが、一つの品目だけを扱う小規模の市場のことだという解釈もあり、どの訳が正しいのかは判断がつかない。また、碑文には、
「スコータイの都では、マーク(ビンジロウ)のパー、プルー(キンマ)のパーが町中にあり、ココヤシのパーも都に多く、パラミツのパーも都に多く、マンゴーのパーも都に多くタマリンドのパーも都に多く、(以下省略)」
とあって食材となる様々な果物が作られ、売られていたことが想像できる。作り、売ることができるのであるから、これらの果物はしかるべく需要のある、ポピュラーな食材であったこともわかる。市場があるということはスコータイの外からモノを持って売りにくる人や買いに来る人があったということであり、そうした出会いがモノや方法の広がりを生んでいったと考えられる。
028 (400x300)
  1. 2014/04/10(木) 15:19:14|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

ロハス建材口コミ

いずれにせよ、魚は現代でも食事をするということを、実際に魚をおかずにするか否かを問わず「キン・カーオ、キン・プラー」(飯を食べ魚を食べ)という言いまわしをするように、魚はタイ人にとっても基本的で、まるで空気のような存在なのである。もちろん鶏やあひるなども古くからタイ族の生活に密着していた存在であり、食材としての歴史も古いものであることが想像されるが、魚と違って一度食べてしまうと、自然にどんどん取れるというものではないので食品としての効率は悪い。普段のおかずというものではなく、あくまでも特別な場合のちょっと上等なおかずだったのではないだろうか。
025 (500x375)
  1. 2014/04/10(木) 15:17:22|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

ロハス建材手抜きなし

アフリカや中南米の熱帯地域では、木質燃料の比率が非常に高い状況にあり、薪炭材の利用が急増しているとの指摘がある。 これらの地域では、貧困のためエネルギー源は安価な薪炭材に頼らざるを得ず、熱効率の悪い調理用カマドが使用されている等の事情から、人口の急増に伴って、家庭用エネルギー源としての薪炭利用が増加したとの見方もある一方、家庭用の薪炭については、枯木や枝木を採取することが主で、大木を伐採して薪炭材として利用することは少ないとの意見も存在する。028 (400x300)
  1. 2014/04/09(水) 17:05:46|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

ロハス建材手抜きなし

現在では安価な外材の輸入の増加とともに国産木材が売れなくなったことと林業就労者の収入減少が影響し、林業就労者の減少がおき、間伐や間引きなどの手入れの行き届いていない不成績造林地が増加して全国各地で問題になっている。手入れの行き届いていない所では木々が密集した状態で日光が十分に当たらなく細い木ばかりになっている。030 (400x300)
  1. 2014/04/09(水) 17:04:11|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

ロハス建材手抜きなし

日本では戦後、高度経済成長に伴う木材需要に対応するため、大規模に天然林が伐採され、住宅の梁や柱、家具材などとして消費された。こうして伐採された所にスギなどが大量に植林がなされた。IMG_0120 (400x300)
  1. 2014/04/09(水) 17:02:49|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
前のページ 次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。