自然環境  ロハス建材

ロハス  ロハス建材   評判

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ロハス建材評判

温室効果ガスを体内にためておくことの出来る植物は、枯れて分解ししまうと蓄えられた炭素も大気中に放出されてしまいます。そのため、より長い期間炭素を固定できる樹木を植え、周囲の環境に生態系を作ることでより長いスパンでの炭素固定が可能、温暖化対策に効果的な森を作ることが出来ます。
しかし、この炭素固定率は植樹される地域環境や気候によっても生育状態が違ってきます。日本では樹齢の長い樹木でも、乾燥地帯や森林伐採の植樹を行ったときに風土が合わなくて枯れてしまっては意味がありません。そのため、地域環境に適した樹木がより自然に近い形で生育できる森林を創ることで、より効率よく炭素の吸収・固定を行える森林を育てることが出来るといえます。005 (640x480) (500x375) (500x375)
スポンサーサイト
  1. 2013/11/30(土) 09:37:19|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

ロハス建材評判

植物の光合成を行い、二酸化炭素を吸収して酸素を排出します。この仕組みは、小学校や中学校の理科でもおそわりますよね。
植物が二酸化炭素を取り込んで光合成を行うとき、植物の体内には、炭素が蓄えられていきます。こうして二酸化炭素を吸収し炭素を蓄えることから、森林は温室効果ガスの吸収源としても重要な役割りを持っています。
また、森林には、気候変動から土砂の流出を守り、河川や海への水質汚染を防ぐという役割りもあります。これは森林が周辺環境の生態系を作り出すベースにもなっています。そのため、温暖化の進行を食い止めるためにも、自然の生態系を保ったより多くの森林を守り、育てる必要があるのです。030 (400x300)
  1. 2013/11/30(土) 09:35:47|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

ロハス建材評判

世界の国々の中でも、国土に閉める森や山の割合が高い日本では、昔から人間が自然と共存するために作り上げた里山があります。これは、コンクリートや壁で仕切るのではなく、人間の暮す空間がこの先にあること、動物が自然に暮す空間がその先にあることをお互い理解して共有することで自然に生まれた仕組みなのです。
里山は、その先にある生態系や森林のシステムを守りながら、人間の生活空間にも必要な栄養や雨をもたらし、さらに自然現象から守ってくれます。
コンクリートや壁には耐久年数がありますし、動物や自然の生き物には理解しにくい境界線ですが、里山には耐久年数はありませんよね。
今、森林破壊の対策として、この画期的な里山の仕組みを復活させる活動が進められています。054 (400x300)
  1. 2013/11/30(土) 09:32:41|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

ロハス建材口コミ

でも、手塩にかけて育てるとは、生産者にはそんな単純なものでは
ありません。これをいくらかでも解決しようと有機農生産者の方々も、
有機農生産物の加工品として利用しようと、努力されています。
しかし、本来なら一般消費者や、食に通ずる方々が、この現実に
理解と、目を向けていただければ、消費者に安心、安全な美味しいものが
行き渡るのではないでしょうか。IMG_0115 (400x300)
  1. 2013/11/29(金) 13:45:07|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

ロハス建材口コミ

有機農業にまつわる厳しい条件をクリアし、その条件のなかで、
わが子を育てるように手塩にかけて育てた有機野菜を形が悪い、見栄えが
よくない、ただそれだけの理由で市場から弾かれ、その有機野菜は
処分しなければいけない。有機農生産者の一番つらい瞬間です。
「畑に捨てればそのうち腐って、いい肥料になって結局、土に帰るんだから別にいいんじゃないの」こんな考えの消費者の方も、なかには
いらっしゃいますが、たしかに間違いではないでしょう。IMG_0116 (400x300)
  1. 2013/11/29(金) 13:40:51|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

ロハス建材口コミ

そこで、2006年12月に有機農業を推進、普及することを目的とする
「有機農業の推進に関する法律」(有機農業推進法)が施行されました。
有機農業推進法とは環境への負荷を低減する農業生産方法の推進を目的と
して定められたもので、最大の特徴としては、JAS法に基ずく取り組みに
限定することなく、有機農業の対象を広くとらえようとしているところで
同法における目的、定義を定めた上で、持続的な農業、環境との調和の
とれた農業生産を目指す事とし、
・農業の自然環境機能の増進と農業生産に由来する環境負荷の低減
・消費者が有機農産物を入手しやすくすること
・有機農業者とその関係者、消費者との連携の促進
・農業者などの自主性の尊重
その他、有機農業者への支援施策、技術開発の促進、消費者に対する
有機農業への理解と関心の増進、有機農業者と消費者の相互理解の増進
有機農業生産者の意見反映などの幅広い定めがあります。IMG_0118 (400x300)
  1. 2013/11/29(金) 13:37:07|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

ロハス建材

アスベストの健康被害を心配する前に、本当にアスベストが身体に入ってしまったかどうか確認する事から始めてみてはいかがでしょうか。
身体の中を調べるのは吸ってしまった直後では無理なので、アスベストを吸ったのではないかと思う場所に本当にアスベストが有ったのか調べてみてはいかがでしょうか。
調べ方は工事現場の場合は写真、設計図、住所等から業者や役所に連絡して調べてもらう事が出来ます
  1. 2013/11/28(木) 17:44:12|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

ロハス建材

もしアスベストを吸い込んだとしてもその影響が健康被害として身体に現れるのは数十年後と言う事になります。
その為にアスベストを吸い込んだからと言って直ぐに咳が出たり痰が出たり、呼吸がしにくいと言う症状が出るとは考えにくいです。
それを知らないでアスベストを吸い込んだかもしれないと言って、X線検査を受けたとしても分からないのです。
アスベスト検査の為にX線撮影をするのであれば、無意味に放射線を浴びると言う事になりますので止める様にしましょう。
  1. 2013/11/28(木) 17:43:45|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

ロハス建材

もしアスベストを吸い込んだとしてもその影響が健康被害として身体に現れるのは数十年後と言う事になります。
その為にアスベストを吸い込んだからと言って直ぐに咳が出たり痰が出たり、呼吸がしにくいと言う症状が出るとは考えにくいです。
それを知らないでアスベストを吸い込んだかもしれないと言って、X線検査を受けたとしても分からないのです。
アスベスト検査の為にX線撮影をするのであれば、無意味に放射線を浴びると言う事になりますので止める様にしましょう。
  1. 2013/11/28(木) 17:43:40|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

ロハス建材手抜きなし


 アユタヤー時代とは、一般的に1350年にアユタヤーに王権がたって、1767年に進入してきたビルマ軍によってアユタヤーが壊滅されるまでの約400年間である。しかし、実際はこの時期ずっと同じアユタヤーに王宮があったわけでもなくアユタヤーだけが統一的な国家を形成していたわけではない。それぞれの地方にはムアンと呼ばれる大きな町が、それぞれで領主をもっていた。そして、その下に小さなムアンが存在していた。このように、アユタヤー時代は交易ネットワークが発達した時代であるとともに、各ムアンの関係が密になった時代でもあった。関係が密になれば文化的な交流は自然に起こってくる。人が交われば、婚姻関係も生まれ、すぐに台所レベルでの文化交流が始まってくるからである。各ムアンはそれまで培ってきた、それぞれの自然環境を背景にした食生活の伝統を交換し、影響を与えあって、現在のタイ料理につながる地方料理の伝統を形成していった。タイ
  1. 2013/11/28(木) 13:40:37|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

ロハス建材手抜きなし


 16世紀になると、商業国家であったアユタヤーには当然ながら様々な新しい食べ物が輸入され、それらは即座にインドシナ半島中に広がっていった。その中でもっとも大きな役割を果たしたのはなんといってもトウガラシである。トウガラシは現代のタイ料理には欠かすことのできない香辛料であり、外国人がタイ料理と聞いた時に最初に思い浮かべるのはトウガラシの辛さではないだろうか。いわばタイ料理のシンボルにさえなっているわけで、まるで大昔からタイ料理の中で使われてきたことが当たり前のように思われるのだが、事実は違うのである。トウガラシはタイ族が東南アジアに来てから300年も経ってから出会ったモノであったのだ。では、それ以前のタイ料理は、辛くなかったのであろうか。いや、それは正しくないように思われる。コショウを主としてイーラー(ウイキョウ)、クラティアム(ニンニク)などを使って辛さを持たせていたと考えられるからだ。コショウは、タイ語で「プリック・タイ」つまり「タイのプリック」と呼ばれている。そして、トウガラシのことを「プリック」という。しかし、昔はコショウを「プリック」と呼んでいたはずであり、そこには外国からトウガラシが輸入されて、「外国のプリック」と呼ばれるようになる。そして、今まであったコショウのことはそれに対応して「タイのプリック」と呼ばれるようになる。さらに、トウガラシが今までコショウがしめていた辛さ市場で圧倒的な一般を獲得すると、次第に「プリック」とだけ呼ばれる。それでいつのまにか、「プリック」とはトウガラシであるということになって、コショウは「タイのプリック」とだけ呼ばれるようになったのではないかと推測される。017 (400x300)
  1. 2013/11/28(木) 13:39:25|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

ロハス建材手抜きなし


 食材の変化という点では、1492年コロンブスによって発見された新大陸アメリカから、いままで誰も知らなかったような目新しい食材や調味料が見つかり、スペインを中継地点にして次々と世界中に紹介されるということが起こった。この事件は世界中のあらゆる地域の料理に大なり小なりの変化をあたえた、生活文化史上の革命的大事件であったといっていい。たとえば旧大陸ヨーロッパには、ヒマワリ、ココア、落花生、トマト、ヴァニラ、パパイア、カボチャ、七面鳥などといったものが新大陸からもたらされたのであって、その影響の大きさは現代のヨーロッパの料理からそれらがいきなり姿を消した場合を思い浮かべれば容易に想像がつくはずである。トウモロコシは南米からヨーロッパを経て中国に伝えられ、さらに東南アジア地域にも伝わったが、とくにアフリカでは主食として大いに受け入れられ、調理法もそれについて発達していった。IMG_0116 (400x300)
  1. 2013/11/28(木) 13:38:12|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

ロハス建材八王子

 民族の「基層的・本質的資質」とは、いうまでもなく狩猟という草原に、そして採集という森林に発した、二つの生きる術であり文化である。たとえば食一つとっても、かつての遊牧の民の食の主体は今もって獣肉であり、パン(穀類)は添え物にすぎない。一方農耕の民は穀類が主食であり獣肉・魚肉は副食である。こうした食生活は、前者に瞬発力とスピードを与え、後者には忍耐力と持続性をもたらした。
025 (500x375)
  1. 2013/11/27(水) 15:44:53|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

ロハス建材八王子

ヒトはかつて、草原においては狩猟中心、森林に恵まれた一帯では採集を中心とする生活を営んできた。それが農業革命によって、前者は狩猟→遊牧、後者は採集→農耕と移行してきた。そうした流れの中で、ヒトが、草原と森という異なった風土の中で習得し蓄積していった性状や基層的・本質的資質は、その後異質な他民族と出会いによって、反発し混合し譲歩し融和し、強制的に他方を抑圧し、逆に圧殺され屈伏されるという変遷の中で、(表面的には)複雑に変質を遂げながらも、本質的資質は決して消滅することなく、無意識の内に受け継がれていくことになる。
025 (400x300)
  1. 2013/11/27(水) 15:43:09|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

ロハス建材八王子


 和辻哲郎は『風土』の中で、「その地に棲む人の思想・性格・情緒などを規制するのが風土である」として、高湿多湿のモンスーンが生んだ「森の地帯」、その対極にある乾燥した「砂漠地帯」、その両者の中間としての「牧場地帯」という三つを挙げている。かれは「風土の基礎理」として、

 風土とは土地の気候、気象、地質、地味、地形、景観の総称であり、我々はいずれかの土地に住むことで、こうした「風土」によって取り巻かれているのだ。 (中略)
 (人は)生活のためのさまざまな手段を、風土に関わり合うことで(祖先以来の永い間の了解の堆積として)我々自分自身が作り上げていく。また個人的・社会的なる二重性格を持つ人間の自己了解の運動は歴史的であって、歴史と離れた風土も、風土を離れた歴史もないと論じ、このことは 人間存在の根本構造からしてのみ明らかにされる。
IMG_0120 (400x300)
  1. 2013/11/27(水) 15:41:08|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

ロハス建材  仙石敦嗣


関東は今日もいいお天気であったかいです。

この位の気候が一番過ごし易いですね

光熱費もあまりかかりませんし(笑)

でも今晩から冷え込むようですね。

こたつから出れなくなりそうです・・。





本日は酉の市3の日です。

天気がいいのでお客さんも沢山きそうです。

今日は何を食べようかな~?(笑)

既にお腹がすいたのでチョコ食べちゃいます

このチョコ美味しいんです
DSC_0248.jpg


  1. 2013/11/27(水) 11:35:04|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

ロハス建材評判

  石油ショック以降、

 石油ショック以降、高度経済成長が頭打ちとなり、大都市での生活の矛盾が激化する中で、再び人々は地方へと目を向け始めた。   しかし、現実には日本列島の中を新幹線と高速道路が走り、地方文化圏を串刺しにして中央に直結している。こうした状況の下では、なかなか経済の地方分化は難しい。そして、地域開発の先鋒として工場をもってくるやり方には、大きな誤りがあることを、私たちは公害列島日本の汚名で、身をもって体験した。
063 (400x300)
  1. 2013/11/24(日) 10:25:26|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

ロハス建材評判

 ところが、二十世紀に入って、こうした封建制を体験した国家は、いち早く工業化の歩みを始めた。経済大国日本の地域開発の先鋒は工場であった。まず工場を配置し、それを核として地域開発のプランが立てられた。しかし、工場は地方に一時的な冨をもたらしたが、地域の核となり得ず、ましてや地方文化の育成にはほど遠いものであった。その結果は、地方の自然を蝕み、公害を引き起こし、人々の心を荒廃させた。そして、梅棹教授のいう第一地域の未来が大きく問われ始めた。人々は競って大都市へ集まり、現代の専制国家とでも言うべき大都市型の中央集権国家が出現した。地方は大都市の搾取の対象となり、富は大都市へ集中し、地方文化は次第に影をひそめていった。日本列島は大都市型中央集権国家体制の下で、次第に平板な国へと変わって行った。そして、人々は、数千年にわたって日本文化を根底から支えてきた地方文化を忘れ去り、里山の風景は人々の心に中から消え去ってしまった。054 (400x300)
  1. 2013/11/24(日) 10:22:59|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

ロハス建材評判



 寒冷期の後期旧石器時代には、亜寒帯針葉樹林と針広混合林・落葉広葉樹林が東・西に強いコントラストを示し、これに対応するかのように東日本には縦剥ぎの石刃文化が、西日本には横剥ぎの国府型ナイフ文化が成立し、日本列島は大きく、東・西の地方色に染め分けられていた。

 日本の地方文化は、変化に富んだ日本列島の風土の中で、数千年にわたって熟成され、封建社会の成立まで受け継がれていると言ってよい。中国や朝鮮に中央集権国家が誕生し、専制君主によって支配されたのに対し、日本はヨーロッパ諸国と類似した封建制が誕生する。東アジア諸国の中で日本列島のみに封建制度が誕生する素地は、既にそれ以前の数千年にわたる日本歴史の中に、伝統的に予言されていたといってよい。そして、封建制は、地方文化を生育し、郷土の森を守った。
030 (400x300)
  1. 2013/11/24(日) 10:21:32|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

ロハス建材    仙石敦嗣

生物が、外界から取り込んだ物質を環境中におけるよりも高い濃度に生体内に蓄積する現象を生物濃縮という。生体内蓄積とも言われる。特に生物が生活にそれほど必要でない元素・物質の濃縮は生態学的にみて異常であり環境問題となる。
動物には餌にするものと餌にされるものがありこれを食物連鎖というが、蓄積性のある物質が食物連鎖により生物濃縮を起こす
  1. 2013/11/24(日) 06:35:52|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

ロハス建材    仙石敦嗣

腐食系の生物は、死骸や排泄物を食べ無機物化するほか、自ら餌となり捕食系の中に組み込まれる。分解系の生物は、捕食系・腐食系の生物の死骸や排泄物を分解し、生成された物質は植物の栄養となる。
捕食関係の上位の生物体内に重金属や環境化学物質が蓄積されていく現象は生物濃縮と呼ばれる。食物連鎖のバランスが保たれることは、生態系が維持されていく上で不可欠なものである
  1. 2013/11/24(日) 06:35:30|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

ロハス建材口コミ

★王朝の終わりと共和国誕生
『カメハメハ4世・アレクサンダー・リホリホ』『カメハメハ5世・ロット・カプアイワ』ともに短命でこの世を去ります。
また、王の血族が途絶えてしまった為、議会で選ばれたルナリオ王が即位しますが、この方もわずか1年あまりで他界。
次いで選挙で選ばれた『カラカウア王』は、訪日もされ明治天皇と会見。日本の皇室との間に姻戚関係を築こうとします。
まぁ、これは果たせず終了。また、彼は砂糖産業をさらに発展させるべく大量の移民労働者をハワイに呼び寄せました。
1885年日本からも正式な移民が開始されました。苛酷な労働条件で、日本人移民は必死に働き日本人社会を築き
そして、その子供たちが2世として育っていったそうです。そんな中、ハワイアンと白人勢力の対立もいよいよ激化していきます。
058 (400x300)
  1. 2013/11/23(土) 11:23:53|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

ロハス建材口コミ

『カメハメハ3世・カウイケアオウリ』の時代には、文字のなかったハワイ語をアルファベット化。ハワイ語の聖書も出版されます。
また、憲法公布をして立憲君主制となり、白人が政治にも参加するようになります。個人が土地を所有するなど『欲』と言う
概念がなかったハワイに、その概念や財産としての価値感を与えました。
さらに、カウアイ島にサトウキビ・プランテーションを作り、アメリカの重要な砂糖供給地として経済的にも大発展していきます。
ですが、これにより、白人によるプランテーション農場用の土地収奪が始まってしまうのです。
何か新しい事をするには、他の何かを犠牲にしなければ出来ないとよく言いますが・・・。栄枯盛衰・・・。
この大改革が後のハワイの歴史を運命付けてしまったと言っても過言ではない様な気がします。
取り返しがつかない程、大きい犠牲・損失となり後のハワイに、そしてハワイアンにいづれ返って来るのです。
IMG_0116 (400x300)
  1. 2013/11/23(土) 11:18:37|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

ロハス建材口コミ

★キリスト教の普及と西欧化
カメハメハ大王(1世)の死後、古来からの風習が大変革を遂げます。
『カメハメハ2世・リホリホ』がタブー(禁制)を廃止したのです。しかし、タブーを廃止した事で秩序や風俗が混乱します。
ちょうどその頃、ナイスタイミングでキリスト教が伝来。キリスト教宣教師達によって西洋の文明がたくさん広められた反面
ハワイ独自の文化は次第に衰退していきます。なんと、彼らはフラダンスも禁止しました。また、現在もハワイの女性の正装
である『ムームー』は、上半身裸が普通であった当時の女性達がキリスト教的に"淫ら"だとして宣教師が普及させたものと
言われています。025 (400x300)
  1. 2013/11/23(土) 11:16:11|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

ロハス建材手抜きなし

地下に埋まった樹木や動植物などが長い年月をかけて地下で化石化したものが、石炭や石油などの化石燃料です。
化石化といっても、恐竜の骨の化石のようにカルシウムがケイ素などに置換されたものではありません。動植物を構成している有機物が、河川や海などの底にドロと一緒に埋まり、圧縮されることで分解されてケロジェンという高分子の化合物になります。これが長い時間かけて、水分と油分・ガスやガスに変化したものが、石油や石炭・天然ガスなどと化石燃料になります。063 (400x300)
  1. 2013/11/22(金) 15:21:20|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

ロハス建材手抜きなし

化石燃料に変わる次世代の燃料資源として開発・研究が進んでいるのが、バイオ燃料やバイオマスエネルギーと呼ばれているものです。これは、現在利用されていないゴミなどの有機物を再利用してメタンガスなどを作り出し資源として使うものや、小麦やトウモロコシなどの作物から取り出したバイオエタノールなどがあり、温室効果ガスの排出量が少ないのが特徴です。
これらは、そのままでも石油や石炭と同じようなエネルギー資源として利用することが出来ますし、発電を行う事もできます。IMG_0116 (400x300)
  1. 2013/11/22(金) 15:19:47|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

ロハス建材手抜きなし

世界の国々の中でも、国土に閉める森や山の割合が高い日本では、昔から人間が自然と共存するために作り上げた里山があります。これは、コンクリートや壁で仕切るのではなく、人間の暮す空間がこの先にあること、動物が自然に暮す空間がその先にあることをお互い理解して共有することで自然に生まれた仕組みなのです。
里山は、その先にある生態系や森林のシステムを守りながら、人間の生活空間にも必要な栄養や雨をもたらし、さらに自然現象から守ってくれます。
コンクリートや壁には耐久年数がありますし、動物や自然の生き物には理解しにくい境界線ですが、里山には耐久年数はありませんよね。
今、森林破壊の対策として、この画期的な里山の仕組みを復活させる活動が進められています。IMG_0102 (400x300)
  1. 2013/11/22(金) 15:15:54|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

ロハス建材八王子

 20世紀になってアメリカやソ連の大規模農家で大きな問題となったのは、風で表土が吹き飛ばされる風食や耕地が溝状にえぐられるガリエロージョン(浸食溝)による被害である。土地が養える以上の作付けを行うと、作物が水を吸収しすぎて地下水が失われ、表土が乾燥してくる。機械化耕作や化学肥料の多用が、さらに土壌の有機物を失わせ、粘性の乏しいパサパサした土を作り出す。表面に「雑草」が生い茂っている場合は、これが浸食をくい止める役割を果たしている。しかし、単作を進めている大規模農家の場合は、作物の収穫後には植生の覆いがなくなるため、表面近くの土壌が、強い風によって吹き飛ばされたり、流れ込んだ雨水で流出したりする。耕作地の土壌において、有機物含有量が高い「肥沃な」部分は厚さ数cm~数十cmの表層部分であり、この部分が浸食されると、土地全体が耕作に適さなくなる危険性がある。カザフスタンでは、1980~98年の間に風食被害で穀物用耕地の半分近くを失った。中央アジア・北アフリカ・中南米でも、土壌劣化によって肥沃な耕地が失われつつある。 054 (400x300)
  1. 2013/11/21(木) 15:52:29|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

ロハス建材八王子

大規模耕作による土壌劣化

 近代化された農業では、機械化耕作・化学肥料や農薬の投入・灌漑施設による給水・高収量品種の単作などによって、通常の土壌生態系とは異なるきわめて人工的な土壌環境が形成される。土壌表面に浸食を防ぐ植生があり、適度な水循環が保たれ、微生物活動により有機物が含有されている場合、作物の収穫高は低くても、土壌は安定した状態を保つことができる。しかし、人工的な環境で大規模耕作を続けていくと、土壌が著しく劣化して、耕作が不可能になるケースも出てくる。
IMG_0117 (400x300)
  1. 2013/11/21(木) 15:49:09|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

ロハス建材八王子

 作物の栄養学的な“価値”を含まれるカロリーのみによって測ることは意味がないかもしれないが、少なくとも、近代化の過程でエネルギー生産性は悪化しているという傾向を読みとることは、可能だろう。

 エネルギー生産性の低さという点では、ハウス野菜が群を抜いている。この場合、暖房のために大量のエネルギーを投入するため、エネルギー生産性は 0.2~0.7 程度となり、大量のエネルギーを消費して製品を得るという近代工業と同様のプロセスになる。

 近代化に伴ってエネルギー生産性が低下した原因は、主たるエネルギー源である化石燃料の市場価格が、きわめて安価なことにある。ビジネスとして考えた場合、安価なエネルギーを大量に使って土地生産性を高めた方が資本の回転効率は良くなるので、自由主義経済の必然として、エネルギーを大量に消費する農法へとシフトしていったのである。
IMG_0114 (400x300)
  1. 2013/11/21(木) 15:44:13|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。