自然環境  ロハス建材

ロハス  ロハス建材   評判

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ロハス建材口コミ

 スコータイ時代には、市場が機能していたと考えられている。第一碑文第三面には次のように記されている。

「このスコータイの北側に、タラート・パサーン(パサーン市場)あり。アチャナ仏あり。宮居あり。ココヤシのパーあり、パラミツのパーあり。畑あり、稲田あり。里あり、大小の家屋あり」※1

 パサーンとはバザールに由来する語だと考えられ大掛かりな多品目の市場である。パーとは果樹園のことだが、一つの品目だけを扱う小規模の市場のことだという解釈もあり、どの訳が正しいのかは判断がつかない。また、碑文には、

「スコータイの都では、マーク(ビンジロウ)のパー、プルー(キンマ)のパーが町中にあり、ココヤシのパーも都に多く、パラミツのパーも都に多く、マンゴーのパーも都に多くタマリンドのパーも都に多く、(以下省略)」※1

とあって食材となる様々な果物が作られ、売られていたことが想像できる。作り、売ることができるのであるから、これらの果物はしかるべく需要のある、ポピュラーな食材であったこともわかる。市場があるということはスコータイの外からモノを持って売りにくる人や買いに来る人があったということであり、そうした出会いがモノや方法の広がりを生んでいったと考えられる。

028 (400x300)
  1. 2013/10/18(金) 14:40:49|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

ロハス建材口コミ

タイ人の心の中では、食事というのは食卓の主役である飯とその他大勢の引き立て役との2種類からなっているのである。その「カップ・カーオ」の筆頭として考えられるのは魚である。田んぼで米を作るためには豊かな水が必要であり、そこには当然魚がいるはずである。米と魚は付きものであるいっても語弊はない。いずれにせよ、魚は現代でも食事をするということを、実際に魚をおかずにするか否かを問わず「キン・カーオ、キン・プラー」(飯を食べ魚を食べ)という言いまわしをするように、魚はタイ人にとっても基本的で、まるで空気のような存在なのである。もちろん鶏やあひるなども古くからタイ族の生活に密着していた存在であり、食材としての歴史も古いものであることが想像されるが、魚と違って一度食べてしまうと、自然にどんどん取れるというものではないので食品としての効率は悪い。普段のおかずというものではなく、あくまでも特別な場合のちょっと上等なおかずだったのではないだろうか。
025 (500x375)
  1. 2013/10/18(金) 14:35:01|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

ロハス建材  仙石敦嗣

おはようございます。

今日は一段と冷え込む朝となりました。

秋を感じてきます





そんな中で今熱い戦いが行われている事をご存じでしょうか?

『大つけ麺博 日本一決定戦2』

場所は新宿・歌舞伎町にて行われています。

全国から選ばれた24店舗のお店が4週にわたり入れ替えで出店しています。

お目当てのお店がずっと出ているわけではないので要注意です





実は私も先週末早速行ってきました。

お天気もよくお昼時だった為どこのお店も凄い行列!

でも私は前日にファストパスを取っていました♪

前日21時~限定枚数でファストパスが取れるのです。

どこのお店も人気な為1時間近く並ぶのはザラです。

特に週末は込み合う事が予想されますのでファストパスを取る事をお薦め致します。





3種類のつけ麺をシェアしましたがどれも美味しかったです

勿論最後に投票してきました。

選ばれるといいなぁ~☆
CYMERA_20131013_153711.jpg
  1. 2013/10/18(金) 10:44:39|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

ロハス建材  仙石敦嗣


だいぶ冷え込んできましたね

台風が去り寒気を連れてきたようです・・・。

先週の夏日がだいぶ前の事に思えます

朝晩だけでなく日中の気温差もかなり変わりましたね。





昨日の台風はまた大きな被害をもたらしました

夜中の豪雨は恐ろしかった事でしょう。

まだ行方が分からない方が大勢いるようなので一刻も早く見つかるといいです。

被害に合われた方々に、心よりお見舞い申し上げます。

  1. 2013/10/17(木) 12:14:38|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

ロハス建材八王子

植物にとって団粒構造が最適
 団粒構造の土は、団粒間に大きなすき間(孔げき)ができ、
 団粒内部に小さめのすき間(孔げき)ができています。
 大きめの孔げきは排水や通気に、
 小さめの孔げきは水や養分を保つのに都合がよいことになります。
 したがって団粒が発達した土は、土の三相のバランスがとれた、
 排水性、通気性、保水性、保肥性に優れ、植物の生育に適した土と言えます。

 >養分は、団粒構造の中に挟まれているのか。
  だから、鉢の土を栄養が団粒構造のすきまに入っている土に変えてあげると、植物も元気になるのか。 IMG_0101 (400x300)
  1. 2013/10/14(月) 11:14:25|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

ロハス建材八王子

 団粒構造(だんりゅう‐こうぞう)という言葉を調べると、
 土壌の粒子が小さなかたまりを形成している構造のこと。
 保水性に富みながら排水性・通気性もよく、作物の生育に適する。
 火山灰土の腐植層にみられる。

025 (400x300)
  1. 2013/10/14(月) 11:12:08|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

ロハス建材八王子

土(土壌)とは、どのような定義なのだろう?
 土とは、砂や粘土・砕けた有機物などの固体(固相)、水などの液体(水相)、
 そして空気(気相)から構成されています。
 土を細かく見ると、このような物質で構成されていて、
 この構成を土の三相と呼びます。

 通常植物は、土の中に根を張りそこから養分だけでなく、
 水も空気(酸素)も取り込んでいます。
 そのため、この土の三相の割合が土壌の善し悪しを決め、
 植物の生育を大きく左右することになります。
 三相のバランス(割合)がよい土の構造を団粒構造と呼んでいます。
(固相40~50%、液相25~30%、気相25~30%)IMG_0120 (400x300)
  1. 2013/10/14(月) 11:10:43|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

ロハス建材評判

昔は、化学肥料などありませんでした。
さらに大昔には、刈り草(青草)やワラなどを敷き詰めるのみで、それが徐々に分解し、土を肥やし、それを吸って植物が育っていました。

昔は、自分の畑で育てた野菜から種をとり、次年度までそれを維持して、また撒いて育てて、という循環を皆が行っていました。今は、春になったら種や苗を購入してくる方が多くなりました。IMG_0117 (400x300)
  1. 2013/10/13(日) 11:09:32|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

ロハス建材評判


硝酸態窒素、これこそが、さまざまな野菜、果物を食べたときに感じる、苦味、エグ味、渋み、の原因です。
このアクの元となる硝酸態窒素、これが体に悪いということは、以前、赤ちゃんの突然死、ブルーベビーという大事件がアメリカで起き、知られることとなりました。また、最近は子宮内膜症の原因としても疑われています。
実はヨーロッパEUでは、硝酸態窒素の基準があるのですが、日本には基準がありません。


IMG_0118 (400x300)
  1. 2013/10/13(日) 11:07:59|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

ロハス建材評判

森の木が大きく青々と茂っているのは、毎年落葉し、落ち葉が微生物によって、植物が吸収できる形にまで分解され、その栄養を吸収して、肥料無しでもあのように大きく育つのです。
農薬や化学肥料、除草剤などを使う事は、自然の摂理を完全に無視し、微生物を皆殺しし、生態系を分断させ、死の土となります。
このようにしてつくられた結果の収穫物は、店頭に並んでも、その背景は購入する側には見えません。
健全な野菜ほど色が薄い、これを覚えて頂けたらと思います。
030 (400x300)
  1. 2013/10/13(日) 11:06:44|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

ロハス建材口コミ

しかし、毒素とミネラルは共存していますから、毒素が出るときにはミネラルも出ていきミネラル不足になり、短命になるのです。ミネラル料理でミネラルを補っているつもりが逆にミネラルを出すことをやっているのに気づいていません。ガンや難病が治ったから、良い食事と考えるのは大間違いです。効果があったものほど強いアクがあり、続けて食べると寿命を縮める原因になるという基本原則をよく理解しておいて下さい。

特に春、秋の七草料理や野草料理はアク抜きをしないと大変なことになります。冬の間に溜めた体内毒素を出す為に春に一回ほど毒抜きの為に春の七草という野草料理を食べると良いと言われているのです。年に1~2回くらいはいいと思います。野草は体にいいからといって、しょっちゅう食べると寿命を著しく縮めることになります。山の山荘にこもって野草料理を多く食べているとアクによって著しく短命になっていきます。野草は特に生命力が強いのでその分アクも強いのです。
IMG_0118 (400x300)
  1. 2013/10/12(土) 14:49:49|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

ロハス建材口コミ

しかし、最近、自然食料理教室では牛蒡などのアクを抜かずに牛蒡の表皮に含むミネラルを利用しようとする料理法が教えられています。根菜類を姿煮という長時間料理で繊維質までも柔らかくして全て食べるというものです。これでは牛蒡の中の強いアクもそのまま食べてしまうことになり、アクの微毒によって寿命を縮める原因となります。しかし、このアクを抜かないミネラル料理は病気を治す効果があります。ミネラルの毒素排泄作用で症状が消えていくのです。IMG_0117 (400x300)
  1. 2013/10/12(土) 14:24:34|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

ロハス建材口コミ

ほうれん草は多量のシュウ酸を含んでおり、カルシウムの吸収を悪くするといわれています。アク抜きをすることにより、シュウ酸を少なくすることができます。特にアクは大根や人参、牛蒡などの表皮付近にあり、虫などが食べないように表皮に虫の嫌がる微毒を持っているのです。だから昔から大根や人参、牛蒡などは皮を剥いてアクを処理する生活の知恵が伝えられてきました。 アクを抜くときには野菜を沸騰した湯の中に入れるのは少しでも加熱時間を短くするためです。次に塩をひとつまみ入れておくと、クロロフィルの分子の一部分が食塩の成分であるナトリウムイオンと部分的に置き換えられて、安定なかたちになると同時に酸化酵素の作用を多少ともおさえる効果が期待できます。IMG_0115 (400x300)
  1. 2013/10/12(土) 14:21:11|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

ロハス建材口コミ

野菜や果物、肉、魚介類はアクを抜かないと短命になる





ほとんどの植物の葉、茎、根には昆虫や外敵より自身を守る為にタンニンなどの強いアクを持っています。アクの成分はえぐみの正体であるホモゲンチジン酸やシュウ酸、苦みのもとになるアルカロイドや有機及び無機の塩類、渋みを出すタンニン系物質などです。アクとは、食品に苦みや渋みまたは一般にえぐみといっている味を与える物質をさします。調理中に溶けだして料理の味や色を変えたりするほか、消化吸収をそこねる場合もあります。
025 (500x375)
  1. 2013/10/12(土) 14:16:49|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

ロハス建材口コミ

 果物だけだとビタミンAが足りなくなると思われるかもしれないが、みかんや柿にはビタミンAが含まれている。ビタミンAというのは野菜だけではなくて、卵黄やレバーにも含まれている。特にレバーには多いので、月に1回でもレバーを食べていれば不足はしないだろう。ビタミンAは脂溶性で肝臓に貯蔵される性質があり、取りすぎには注意が必要だという。海苔もビタミンAの良い供給源だ。

 

 食料品店にゆくと、揚げ物を売っているが、私はたいてい油が傷んでいて食べることができないので、買わない。不飽和脂肪酸を含む油(たいていの食用油)は加熱をすると短時間でもまずくなる。油は加熱せず、振りかけるか、マヨネーズの形で取るのが安全だ。揚げ物というのは油のもったいない使い方で、大量の油を酸化させて捨てざるを得なくなり、体にも悪い利用のしかただと思う。
IMG_0116 (400x300)
  1. 2013/10/12(土) 14:06:27|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

ロハス建材手抜なし

地球は、その長い歴史をとおしてゆっくりと変化してきた。大陸移動(→ プレートテクトニクス)は大陸を分断し、海洋は陸への侵入と後退をくりかえし、山は隆起しそして風化して、堆積物を海の沿岸に沈積させた(→ 地質学)。気候は温暖になったり寒冷になったりをくりかえした。こうした環境の変化とともにさまざまな生命があらわれそして消滅した。

地球の歴史上、環境にかかわる最近の大きなできごとは、第四紀の氷河時代として知られる更新世(洪積世ともいう:170万年前から1万年前まで)におこった。亜熱帯性気候は破壊され、北半球の様相はつくりかえられた。氷床は北アメリカで4回、ヨーロッパで3回、前進と後退をくりかえし、気候は寒冷と温暖の間をゆれうごき、動植物に影響をあたえ、最後に現在のような環境をつくりだした。更新世につづく時代は現世、後氷期、完新世とよばれる。この時代には、地球環境は多少とも安定をたもってきた。
059 (400x300)
  1. 2013/10/11(金) 15:52:02|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

ロハス建材手抜なし

環境の構成要因
大気は地球を過剰な量の紫外線からまもり、そのおかげで生物は生存できる。大気は窒素、酸素、水素、二酸化炭素、水蒸気、そのほかの元素や化合物、粉塵などで構成される混合気体である。太陽と地球からの放射エネルギーによって熱せられた大気は、地球の周りを循環し、温度差を緩和する。地球の水のうち、97%は海洋、2%は氷、1%は河川、湖沼、地下水、そして大気や土壌に水分としてふくまれる淡水である。土壌は地球の表面をおおううすい層で、陸上生物に生息場所を提供する。土壌は気候、氷河による漂れき土や堆積岩などの母材、および植物からつくられる物質である。人間をふくむ、地球上に生息するあらゆる有機体はこれらすべてに依存して生きている。植物は、水、二酸化炭素、日光をつかって、これらの原料を光合成によって炭化水素にかえる。次に動物はこのような植物に依存して生きる。IMG_0120 (400x300)
  1. 2013/10/11(金) 15:50:12|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

ロハス建材手抜なし

今日、人類の活動はほとんど極大に達し、生物圏全体にとっても無視できないほどの影響力が生じている。そうなってはじめて、われわれは地球環境の精妙なバランスやもろさに気づくことになった。火をつけることに魅せられた幼児はあやまってやけ死ぬ前に、火の力を利用する賢さを身につける必要がある。人類にあたえられた力は、ほしいままにつかいつくすためにあるのではなく、長い将来にわたってより多くの生物が生きのびるためにある。 011 (400x300)
  1. 2013/10/11(金) 15:47:27|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

ロハス建材手抜きなし

地球上の生物がすんでいるごくうすい層を生物圏という。生物圏は地球大気、土壌、水、生きている有機体などからなる。今のところ知られているすべての生命は、この生物圏以外で生存することはできない。宇宙空間に進出した人類にしても、生存するために必要な物資はすべて地球からはこびださなければならない。
もともと環境という言葉は、生物圏全体をさすものではない。環境という漢語はもちろん、environmentという英語も、近代にはいってからは、ある生物が生きていくのに関係する要素と条件をそなえた外界、というほどの意味につかわれてきた。したがって、地域環境とか国土環境といった表現もできるし、モグラにとっての環境という使い方もできる。
030 (400x300)
  1. 2013/10/11(金) 15:46:09|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

ロハス建材  仙石敦嗣


今日も暑いですね。

外は真夏のような日差しで痛い位です・・・





そんな中でもお客様がみえお土産を頂きました。

とっても美味しそうな和菓子です。

自分で買う事はほとんどないのでおやつに頂きたいと思います。

栗が入っていて秋を感じますね~








  1. 2013/10/11(金) 13:02:35|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

ロハス建材八王子

アユタヤー時代とは、一般的に1350年にアユタヤーに王権がたって、1767年に進入してきたビルマ軍によってアユタヤーが壊滅されるまでの約400年間である。しかし、実際はこの時期ずっと同じアユタヤーに王宮があったわけでもなくアユタヤーだけが統一的な国家を形成していたわけではない。それぞれの地方にはムアンと呼ばれる大きな町が、それぞれで領主をもっていた。そして、その下に小さなムアンが存在していた。このように、アユタヤー時代は交易ネットワークが発達した時代であるとともに、各ムアンの関係が密になった時代でもあった。関係が密になれば文化的な交流は自然に起こってくる。人が交われば、婚姻関係も生まれ、すぐに台所レベルでの文化交流が始まってくるからである。各ムアンはそれまで培ってきた、それぞれの自然環境を背景にした食生活の伝統を交換し、影響を与えあって、現在のタイ料理につながる地方料理の伝統を形成していった。タイ
  1. 2013/10/10(木) 14:42:51|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

ロハス建材八王子

16世紀になると、商業国家であったアユタヤーには当然ながら様々な新しい食べ物が輸入され、それらは即座にインドシナ半島中に広がっていった。その中でもっとも大きな役割を果たしたのはなんといってもトウガラシである。トウガラシは現代のタイ料理には欠かすことのできない香辛料であり、外国人がタイ料理と聞いた時に最初に思い浮かべるのはトウガラシの辛さではないだろうか。いわばタイ料理のシンボルにさえなっているわけで、まるで大昔からタイ料理の中で使われてきたことが当たり前のように思われるのだが、事実は違うのである。トウガラシはタイ族が東南アジアに来てから300年も経ってから出会ったモノであったのだ。では、それ以前のタイ料理は、辛くなかったのであろうか。いや、それは正しくないように思われる。コショウを主としてイーラー(ウイキョウ)、クラティアム(ニンニク)などを使って辛さを持たせていたと考えられるからだ。コショウは、タイ語で「プリック・タイ」つまり「タイのプリック」と呼ばれている。そして、トウガラシのことを「プリック」という。しかし、昔はコショウを「プリック」と呼んでいたはずであり、そこには外国からトウガラシが輸入されて、「外国のプリック」と呼ばれるようになる。そして、今まであったコショウのことはそれに対応して「タイのプリック」と呼ばれるようになる。さらに、トウガラシが今までコショウがしめていた辛さ市場で圧倒的な一般を獲得すると、次第に「プリック」とだけ呼ばれる。それでいつのまにか、「プリック」とはトウガラシであるということになって、コショウは「タイのプリック」とだけ呼ばれるようになったのではないかと推測される。017 (400x300)
  1. 2013/10/10(木) 14:41:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

ロハス建材八王子

 食材の変化という点では、1492年コロンブスによって発見された新大陸アメリカから、いままで誰も知らなかったような目新しい食材や調味料が見つかり、スペインを中継地点にして次々と世界中に紹介されるということが起こった。この事件は世界中のあらゆる地域の料理に大なり小なりの変化をあたえた、生活文化史上の革命的大事件であったといっていい。たとえば旧大陸ヨーロッパには、ヒマワリ、ココア、落花生、トマト、ヴァニラ、パパイア、カボチャ、七面鳥などといったものが新大陸からもたらされたのであって、その影響の大きさは現代のヨーロッパの料理からそれらがいきなり姿を消した場合を思い浮かべれば容易に想像がつくはずである。トウモロコシは南米からヨーロッパを経て中国に伝えられ、さらに東南アジア地域にも伝わったが、とくにアフリカでは主食として大いに受け入れられ、調理法もそれについて発達していった。IMG_0116 (400x300)
  1. 2013/10/10(木) 14:38:19|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

ロハス建材評判

ニュースなどで気象情報を見ていると、あまりの状況に「異常気象」と言う言葉が頭に浮かんでくることもあるかと思います。
この異常気象というものも、地球問題の大きな一つです。
一体どういう現象なのか、いくつか例を挙げてご説明します。

まずは異常気象の定義ですが、ちょっと雨が多いとか晴れの日が長いとか、その程度のことではまだ異常気象とは呼ばれません。
雨や風や気温という気象に関わることにおいて、観測史上初めての状況が起こり、記録が塗り替えられるような状況になって初めて「異常気象」と言います。
060 (400x300)
  1. 2013/10/09(水) 14:55:45|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

ロハス建材評判

また、近年では二酸化炭素だけではなくフロンガス、一酸化炭素、メタンガスなども増えてきています。
これらは主に、冷蔵庫やエアコンを使用することによって排出されています。
つまり人間が温室効果ガスを作り出していると言ってもいいでしょう。

これは地球全体で今起こっている現象です。私たちは今後これ以上の地球温暖化を防ぐために、自分たちの生活スタイルを見直すべき時期にさしかかっているのではないでしょうか。
030 (400x300)
  1. 2013/10/09(水) 14:54:13|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

ロハス建材評判

これらの気体を「温室効果ガス」と呼びます。一度は聞いたことがある名前ではないでしょうか。
本来ならこの中でも快適に暮らせるはずなんですが、私たちが石炭や石油などさまざまな天然ガスを使用するので、地球の周りには二酸化炭素などが増えています。
そのせいで熱が逃げなくなってしまい、地球の温度がどんどん上昇していっている、というのが現状です。 063 (400x300)
  1. 2013/10/09(水) 14:52:56|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

ロハス建材  仙石敦嗣


また暑くなってきました
台風の影響のようですが10月になって30度近くまで上がる事は珍しいですよね。

毎朝着る服に悩みます・・・



それでも食欲の秋なので食欲だけはありますが・・・。

サンマの値段が少し落ち着いてきましたね

でもやっぱり自宅で食べるよりもお店で食べる方が美味しいです

炊き込みご飯も食べたくなります。
  1. 2013/10/09(水) 12:02:16|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

ロハス建材口コミ


 地表に降った雨や雪が川になり、あるいは地下水となって私達にとどくのです。そして、私達が使った水は下水
 処理場を通り川から海へと流れていくのです。海水は太陽の熱で温められ、蒸発(じょうはつ)し雲になり雨や雪
 を降らせるのです。こうしてじゅんかんしていきます。
 
 林や森には雨水をろか(水の中のまじりものをとりのぞく)する力もあり、広葉樹(こうようじゅ)の森では落ち葉が
 腐葉土(ふよううど)になり多くの生き物をはぐくませています。沿岸漁業(海で働く人々)の人たちが森を育てる
 運動もしています。森から流れてくる水がプランクトンや海草をそだて、その結果魚も増える事を知っているから
 です。山から川そして海へみんな大切な自然なのです。058 (400x300)
  1. 2013/10/06(日) 12:39:08|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

ロハス建材口コミ

 森林と水
 
 私達の体は水で出来ています。と言ってもいいほど体重の三分の二が水分なのです。水そのものが体の中に
 あるわけではありません、血液などは93パーセントの水分をふくみ、体にとって大切な栄養と酸素を溶かし込ん
 で体中に運び、いらなくなった成分や二酸化炭素を運び出す働きをします。二酸化炭素を出し、それを草木が
 酸素に変え、また酸素を動物が吸う、私達は草木と共存していかなければならないのです。
 
 水は地球上の生命にはかかせない大切なものです。地球の表面の70%は水でおおわれていますが、その
 大部分は海水で塩分がふくまれているため直接利用する事ができません、陸上にある淡水だけが利用できる
 のです。030 (400x300)
  1. 2013/10/06(日) 12:38:14|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

ロハス建材口コミ

 緑の大切さ
 
 木や草は二酸化炭素をすって、酸素を出します。世界中の生き物は木や草のおかげで生きていけると言っても
 いいでしょう。酸素は森だけではなく海の植物や田、畑、牧場でもつくりだされています。
 
 太陽のエネルギーをたくさんもらった植物は、二酸化炭素と水で、でんぷんをつくり植物の組織(そしき)を成長
 させ酸素を出します。私達人間やほかの動物はこの酸素をすってエネルギーとします。
 
 二酸化炭素が増えすぎると、地球上の気温が上がります。大気のほとんどが二酸化炭素で出来ている金星は
 厚い雲におおわれて太陽の光が届きにくいにもかかわらず、しゃく熱地獄の星なのです。
 
 人間は石炭や石油などを燃やし二酸化炭素を作り出しています。その二酸化炭素を酸素に変えてくれる木や
 草までもこわしているのです。ということは地球の温度が上がり温室地球になると考えられます。IMG_0120 (400x300)
  1. 2013/10/06(日) 12:37:18|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
前のページ 次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。