自然環境  ロハス建材

ロハス  ロハス建材   評判

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ロハス建材  仙石敦嗣


夏のスポーツと言えばなんと言っても



『高校野球』ではないでしょうか?



春もあるのですけどね(笑)



プロ野球もいいのですが、やっぱり1試合にかける高校球児の頑張りは胸を打たれます。



負けたら終わり・・・。



1試合にかける意気込みが違いますよね。



みんなが憧れている甲子園。



広くて、立派でとても偉大な印象があります。



甲子園で応援したいですが、遠くてなかなか難しい・・・(涙)



しかし予選の段階でも様々な感動があります。



また今年も色んな感動を与えてくれる夏になりそうです!

スポンサーサイト
  1. 2013/07/30(火) 11:31:10|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

ロハス建材  仙石敦嗣


『世界水泳』が始まりましたね♪

お陰様で寝不足ですが(T_T)・・・。



去年はオリンピックが開催され、それはそれは寝不足の日々が続きました。

でもスポーツはリアルタイムで観たいので仕方ないです。



選手の皆さんが頑張っていますね。

今日は3種目の決勝が楽しみです。



男子200m自由形

男子100m背泳ぎ

女子100m背泳ぎ



頑張れ日本!!応援しています。
  1. 2013/07/30(火) 11:01:09|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

ロハス建材  仙石敦嗣


昨日東京葛飾区の花火大会に



『DJポリス』さん 



警備にあたったみたいですね。

久しぶりにテレビで見ましたが、面白かったです。

その場その場で、臨機応変に対応してしるようですが

よく言葉が浮かぶなぁと関心します。



残念ながら花火大会は中止となってしまたようですが、

大きな混乱もなく済んだようですね。



男性、女性のお二方いらっしゃったようですが、一度生で聞いてみたいなぁと思いました。
  1. 2013/07/24(水) 12:13:28|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

ロハス建材評判

 人工林の造成事業でむずかしいのは、だれの土地に、なんの目的で、どんな樹種を植え、だれが管理し、それに必要な資金をどう調達し、最終的な利益をどう分配するのか、というもっとも基本的な点を明確にすることである。そのうえで、はじめて造林事業計画の立案と実行が可能になるのである。これを怠ると人工林造成事業は失敗する。
 自然環境条件に適合した樹種の選択はもとより、植栽材料の遺伝形質の優良なこと、必要な苗木の数が生産供給できること、植栽後の育林技術が確立していることなど、現在の体制と技術水準ではまだまだ不十分なことばかりである。
 表に掲げた数値の70%が、植林一年後に生存している率であると私たちFAOの専門官が考えているのも、人工造林に対する社会的、経済的、技術的な対応がまだ十分整っていないからである。
 いずれにしても、当面の目標は熱帯天然林の消失量を抑制させるとともに、人工林造成面積を消失面積につりあわせることである。IMG_0120 (400x300)
  1. 2013/07/23(火) 15:46:59|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

ロハス建材評判

 まずアジア・太平洋地域全体としては、90年までに造成された人工林の総面積は、3215万haに達している。このうち東南アジア10カ国分の面積は1236万haで、全体の約40%を占めている。
 81年から90年にかけての10年間に造成された人工林のアジア・太平洋地域の合計面積は2104万haであるから、全人工林の約3分の2はこの10年間に新たに造成されたものだ。このうち東南アジア10カ国の分は622万haで、全体の約30%をしめるに過ぎない。造林のペースはまだ決して速くはない。
 天然林の消失と人工林造成の面積比を比較してみると、ベトナムがもっとも高く51%である。これは100の天然林消失に対して51の人工林を造成している、という意味である。  次に高いのがインドネシアで39%。タイ、ミャンマー、マレーシアが8%、7%、2%とつづくが、造成率はぐんと低くなる。カンボジアとラオスはゼロに等しい。さらに成績の悪いのはフィリピンで、既存の人工林が毎年1,000haずつ破壊され、失われている。005 (640x480) (500x375) (500x375)
  1. 2013/07/23(火) 15:45:56|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

ロハス建材評判

 東南アジア10カ国の年間天然林の消失面積が合計324万haであることはすでに述べた。この損失を補うために、各国では人工造林による森林造成に力をそそいできた。天然林に依存してきた熱帯林業が、木材生産効率のはるかに高い人工林主体型の林業へと新たな動きをはじめつつある。030 (400x300)
  1. 2013/07/23(火) 15:44:48|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

ロハス建材  仙石敦嗣


今日の関東地方ははっきりしない天気です・・・。

曇っていたかと思えば、晴天になり、先程は突然大粒の雨が降ってきました。

暑さは少し楽ではありますが、湿気も凄いです。

まるで梅雨のようです。

このような状況を「梅雨の戻り」と言うらしいですね。

確かにここ一週間はグズついた天気のようです。

  1. 2013/07/23(火) 12:56:21|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

ロハス建材口コミ

北部タイは山あり谷あり、滝ありで、かなり風光明媚で、日本人にも好かれそうな渓谷美にあふれている.しかも、きれいな清流である.というよりも、「あった」と表現されるようになりつつある.表紙の写真のように茶色に濁った河が多い.雨の後の濁りが特別にひどい・・・現地の人々の話である.山が荒れている042 (400x300)
  1. 2013/07/21(日) 14:50:44|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

ロハス建材仙石敦嗣

  1. 2013/07/21(日) 14:42:31|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

ロハス建材口コミ

現在、熱帯林が残されている地域(中南米・東南アジア・西アフリカ)などは人口爆発地帯である。その人々はほとんどが貧困層で土地に飢えた農民、都市をはみ出した貧困層、越境した農民入り込んで畑を作るために焼き払う。あるいは先進国の大企業が乱伐し輸出資材に変える。
025 (400x300)
  1. 2013/07/21(日) 14:42:05|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

ロハス建材口コミ

お金を稼ぐためや生きていくために農民は、多くの森林を切り開いた。特に東北部(北東部)で森林の減少率が農村部になっていて、またもともとの森林の割合も高かった事やチークの木が多くあった事から減少率が一番進んだ。
028 (400x300)
  1. 2013/07/21(日) 14:41:06|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

ロハス建材手抜きなし

農薬の必要性:農薬は、害虫、病害、雑草から作物を守るもので、これを使わないと、作物の生産に被害を与え、収穫量を減少させてしまう。世界の増加する人口に安全で、十分に、手頃に食料を供給する農業の力は農薬の使用なくしては不可能である。コットンに関しては、農薬やBtコットンのような作物自体が農薬をもっているものを使わなければ、世界のコットン生産の80%以上は害虫や菌類、雑草によって失われてしまうIMG_0114 (400x300)


  1. 2013/07/20(土) 15:21:53|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

ロハス建材手抜きなし


20年前と比較すると現在の綿花栽培では、単位面積当たりの収穫量は大幅に増大しているが、栽培に必要な水の量は基本的に同じか、地域によっては実質的に減少している。それは収穫量の多い新しい品種や効率的な水使用によるものである。害虫の被害を受けた綿の木は、害虫を寄せ付けない健康な綿の木と同じ水量を使うが、健康な木は害虫被害を受けた木よりコットンをたくさん生産するので、結果として水の使用を最大に生かすこととなる。
030 (400x300)
  1. 2013/07/20(土) 15:19:52|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

ロハス建材手抜きなし

アメリカ綿栽培地の64%は灌漑を必要としておらず、25%は補助的に灌漑の水を受けており、11%はカリフォルニアやアリゾナのような高温乾燥地で全面的に灌漑に頼っている。灌漑用水の利用を考える時重要なことは、収穫量の膨大な増収が可能であることを念頭においておくことである。いくつかの実例として、イールドが400%も増加したところがある。したがって、補助的に適切な方法で灌漑用水を利用することは、数多くの重要な資源(土地、雨水、灌漑水、労働、エネルギー、資金)のかしこい活用法となる。IMG_0116 (400x300)
  1. 2013/07/20(土) 15:18:34|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

ロハス建材八王子

熱帯では焼畑の後を放置しておくと竹林となる。竹の地下茎が非常に強く、竹だけが残るのだ。その結果、この地域は竹林ばかりである。近年、竹の価値が上がっているようだが間伐もしていない竹の価値は低い。竹は実はつけず枝もないので鳥が住めない環境にしてしまう。鳥がいないので畑は虫害が多い。この地域全体を見渡すと、竹により緑が潤っているのに極端に鳥が少ない事に驚く。すべて焼畑による環境破壊である。竹は大気中の二酸化炭素を強く吸収し酸素を放出するので、地球全体として温暖化を防ぐには良いが、ここにも人や動物が生存しているのである。竹による生態系の破壊により絶滅した動物は多いはずだ。食糧自給率が30%のこの地では、人間さえも援助が無ければ絶滅しているのだから。IMG_0120 (400x300)
  1. 2013/07/19(金) 14:55:55|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

ロハス建材八王子

栽培計画が立てられない。加えて商人の勝手な買い付けに農民は踊らされる。市場がだぶつけば買い取ってはもらえないので大変危険だが、たまたま大儲けしたものが出ると皆それに従ってしまう。特に生姜栽培は市場価格の変動が激しく、今では二束三文になる事がほとんどだが、それでも農民は生姜成金を夢見てしまう。焼畑地での生姜栽培は簡単だ。傾斜地であるため水はけが良く、根腐れを起こさないためだ。しかし、生姜栽培は表土流亡を起こし、土地を更に疲弊させている。

ミゾラムでの根本的な問題は、山頂に暮らしているための様々な弊害だ。生活地は山頂部、焼畑地も多くが尾根にまで達し、つまり山頂まで焼いてしまうため、山全体の土地の保水力が全く無くなってしまう。雨水だけにしか頼れず、水が必要なときに湧き水や地下水が得られない。農業用水どころか生活用水さえままならない。しかし、急傾斜の山間地であるため、山頂の方が日照がよいこともある。山頂の方が平坦地を作りやすいこともある。基本的に夏作中心の農業なので、作物は雨季の充分な水を得ることが出来る。通常の作物を作る分には日照が良く、生活地に近い、収穫物の運搬が楽な山頂の方が都合が良い。土地が疲弊しているのが分かっていても山頂中心の農業はやめられないのだ。

焼畑を計画的かつ効率良く行えば食糧を自給できるであろう。しかし、現在の貨幣経済と情報化社会の中、人々は多くの事を知っている。換金作物を作ってお金を得ることにしか関心が無くなる。そして食糧の配給が政府により保証されたとき、人々の関心はもはや食糧自給には向かわない。工業製品と同じ価値を農産物で生産しようとする。ここでは農業しか出来ないからだ。ここでも現代社会の貨幣文化の侵略を受けているのだ。そして農作物と工業製品を換える時の価値のギャップに自然が悲鳴をあげるのである。
IMG_0113 (400x300)
  1. 2013/07/19(金) 14:54:58|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

ロハス建材八王子

基本的に焼畑自体が以前の状態、つまり多産多死型の人口が安定した状態で続けられることについては問題無い筈である。実際、焼畑は熱帯地方に適合した農業であり、計画的に行えるのであれば止める必要は無いと言う意見も多い。焼畑が問題になるのはその森林破壊で、私の活動している地域インド・ミゾラム州でも問題になっている。これまで続けられてきた伝統的な焼畑が何故、今になって環境破壊になるのか? 

人々は保健衛生・医療の普及による人口増加に収穫量が見合わないと言う。確かに人口は増えている。DDTと蚊帳の普及によりマラリアやサソリは激減し、銃の普及でトラが激減、各種抗生物質の普及で感染症も激減しており、家族計画のみが普及せず人口のみが激増している。しかし、私の居るミゾラム州に関してはそれでも人口密度はかなり低い。

私は人々の食生活の変化も1つの問題だと思っている。つまり肉食と米食だ。昔は祭りなどの行事の折にしか食べられなかったであろうものを日常的に食べるようになった事。これにより家畜の餌に回る穀物の消費量が飛躍的に増えてしまったのだ。米食に極端に傾いた事も上げられよう。日本人の主食は米だと信じている人が大半だが、つい50年前までは、農村では雑穀飯を食べてきたのだ。しかし、こんな事を言っても始まらない。人間の食生活が環境を圧迫しているのは事実だ。食文化の変化、人口増加に見合う農業形態も変えなくてはならない。これを変えられないところに焼畑による環境破壊の問題がある。
IMG_0118 (400x300)
  1. 2013/07/19(金) 14:53:52|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

ロハス建材  仙石敦嗣


いよいよプロ野球オールスターゲームが始まりますね(*^_^*)

今年はWBCもあったのでまた豪華な顔ぶれが見れると思うと嬉しいです。



今年はフレッシュな顔ぶれがそろいましたね。初出場はセ・リーグが10人、パリーグが12人だそうです。



今年のオールスターの注目は「大谷vs.藤浪」に代表されるような黄金ルーキー対決だとも言われています。

でもこの二人は交流戦で対決しましたが・・・(笑)



週末も猛暑となりそうですが、ビールを飲みながら楽しく観戦したいです。

オールスターはお祭りなので、珍プレー、好プレーも期待したいです(笑)
  1. 2013/07/19(金) 11:51:45|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

ロハス建材  仙石敦嗣


東京都で、7月に入ってから、手足口病の患者が急増しているそうです(T_T)



手足口病は、主に小さな子どもがかかるウイルス性の感染症で、インフルエンザなどと違い、夏場に流行するのが特徴。



東京都では、7月に入ってから、手足口病の患者が急激に増え、14日までの1週間に報告された患者の数は、1つの医療機関あたり10.97人と、この時期としては、ここ10年で最多で、前の週の1.8倍になったそうです・・・。



子供だけでなく大人もかかりますし、大人がなるととても酷く、歩く事ができない位に痛かったと聞いた事もります。



しかし、手足口病には、ワクチンなどはなく、普通の風邪と同じように、手洗いやうがいなどで予防するしかないそうです。



こまめに手洗い・うがいをする。あとはタオルとかは共有せずに、1人ひとりのタオルを使って生活をするのが身近にできる予防法だそうです。

  1. 2013/07/19(金) 09:15:53|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

ロハス建材評判

025 (400x300)
また、1998年には、世界公衆衛生協会連盟(WFPHA)の政策文書においても「森林破壊がタバコによる主要な害悪」の1つとして掲げられており、WHO(世界保健機関)からも「途上国でのタバコ栽培と森林破壊についてのカラー図版」が公開されている。なお、タバコの乾燥に使用される木の伐採の具体的な事例の1つとしては、タンザニアの森林破壊がある。
  1. 2013/07/18(木) 15:41:48|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

ロハス建材評判

アフリカや中南米の熱帯地域では、木質燃料の比率が非常に高い状況にあり、薪炭材の利用が急増しているとの指摘がある。 これらの地域では、貧困のためエネルギー源は安価な薪炭材に頼らざるを得ず、熱効率の悪い調理用カマドが使用されている等の事情から、人口の急増に伴って、家庭用エネルギー源としての薪炭利用が増加したとの見方もある一方、家庭用の薪炭については、枯木や枝木を採取することが主で、大木を伐採して薪炭材として利用することは少ないとの意見も存在する。 これら薪炭材をめぐる森林伐採の問題については、世界銀行の研究報告によると「世界で伐採される(建材も製紙用の伐採も全て含んだ)木材の6本に1本は、葉タバコを乾燥するために使用されている」。IMG_0120 (400x300)
  1. 2013/07/18(木) 15:40:06|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

ロハス建材評判

日本では戦後、高度経済成長に伴う木材需要に対応するため、大規模に天然林が伐採され、住宅の梁や柱、家具材などとして消費された。こうして伐採された所にスギなどが大量に植林がなされた。現在では安価な外材の輸入の増加とともに国産木材が売れなくなったことと林業就労者の収入減少が影響し、林業就労者の減少がおき、間伐や間引きなどの手入れの行き届いていない不成績造林地が増加して全国各地で問題になっている。手入れの行き届いていない所では木々が密集した状態で日光が十分に当たらなく細い木ばかりになっている。030 (400x300)
  1. 2013/07/18(木) 15:37:14|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

ロハス建材口コミ

 屋上緑化には温熱環境の緩和など環境調節の他に、景観形成、生態系の創出、そして安らぎや憩いの空間の創出など多様な側面が見出せる。
 屋上緑化に最も期待されているのは、屋上を覆う植物と植栽基盤によって太陽の熱放射を遮断し、屋上床面から下の部屋への熱伝導を防ぐ、いわゆる断熱効果だ。さらに、屋上にある植物が作る緑陰が太陽の熱放射を遮り、植物による蒸散と植栽基盤からの水分蒸発が太陽熱を潜熱として利用するため、屋上の熱環境を緩和することができる。
 屋上緑化による断熱効果は、屋上直下の室内での冷房用電力消費量のシミュレーションによって分かりやすく説明されている(梅干野、一九九八年。図1参照)。
 断熱材が使用されていない古いタイプでは、室温二十七度に設定した場合、一時間に六キロワットの電力を消費するが、三センチ厚の断熱材を施した屋上(外断熱)下の部屋では、二キロワット弱に抑えられる。しかし、それらの屋上に二〇センチ厚の土壌に芝を植えた「植栽基盤」を設置して屋上緑化を施すと、消費電力は一.三キロワットに減少し、その値は外断熱の有無にかかわらない。すなわち、外断熱の施されていない古いタイプのビルでも、屋上緑化が効果を発揮するということになる。
IMG_0100 (400x300)
  1. 2013/07/17(水) 15:26:35|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

ロハス建材口コミ

 地球温暖化とヒートアイランド現象の進行は都市住民の生活を不快かつ困難に陥れ、その対策が望まれている。ヒートアイランド現象は、都市の大部分を占めるビルや道路などの無機的構造物が太陽熱を蓄えることが一要因とされており、緑陰による断熱や蒸散作用の潜熱消費によって温熱環境を緩和できる都市緑化に期待が寄せられている。
 しかし、都市に緑を持ち込むスペースは残されていない。蓄熱体であるビルを、緑で直接覆う壁面緑化や屋上緑化に注目が集まっている。その中でも、多くの取り組みが見られる屋上緑化には、様々な課題と問題点が山積しており、その解決が求められている。053 (400x300)
  1. 2013/07/17(水) 15:25:28|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

ロハス建材口コミ

 さらに、世界的に見れば、土壌の流失と並んで砂漠化も進行中だ。

 砂漠化は、土壌中のアルカリ成分が土壌表面に蓄積してpHが上がってくることで耕作不能に陥ったり、また土壌中の有機物を完全に使い尽くしていしまい、畑としての機能を失うなどの形で進んでいる。

 メソポタミア文明の栄えたチグリス・ユーフラテス川流域は、今や完全な砂漠地帯となっている。これは、灌漑の失敗によるもので、土壌の塩類集積による砂漠化である。

 実は、20世紀以降の人口爆発は、開墾による農耕地拡大で支えているところが大きい。つまり、森林や草原が次々と農耕地化している。そのことによって、土壌の流失や砂漠化が進行中なのである。
IMG_0116 (400x300)
  1. 2013/07/17(水) 15:20:53|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

ロハス建材  仙石敦嗣


今年は「土用の丑の日」が2回ある年で、7月22日と8月3日となっているようですね♪
しかしスーパーや飲食店でウナギの価格を見ると、もはや気軽に食べられる食品ではないことを実感します。

数年後にはウナギが庶民の口に入らなくなるのでは…という気すらしてきます。

このままウナギは高嶺の花となってしまうのでしょうか?



毎日暑いですし、ウナギを食べて暑い夏を乗り切りたいのですが・・・。

価格が下がる日は来ないですかね?
  1. 2013/07/17(水) 13:01:57|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

ロハス建材  仙石敦嗣


昨日16日は、東京都心の最高気温が29.1度と11日ぶりに30度を下回るなど、関東地方では、これまでの猛烈な暑さが和らぎましたね。本日17日の予想最高気温は東京都心・熊谷市29度、前橋市28度など、昨日に続いて平年並みとなるそうですが、18日からは再び厳しい暑さがぶり返す予想だそうです。


ここ二日は朝起きた時、「暑くないな~」と感じました。

これ位だと体も楽ですよね。

明日からはまた猛暑との戦いですが・・・
  1. 2013/07/17(水) 12:44:45|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

ロハス建材手抜きなし

植物の体内の水は、何も混じっていない水に比べると濃くなっています。植物の根の周りにある水が植物の体内の水よりも薄ければ植物は水を吸うことができますが、周りの水の方が濃ければ植物は水を吸うことができず、反対に体内の水を失ってしまいます。植物体内の水にも塩が溶けています。
もし根の周りの水に体内よりもたくさんの塩が溶けていたら植物はどうなるのでしょうか?
そうです。植物はその水を吸うことができず、やがてしおれて、しまいには枯れてしまうのです。また体内に水と一緒に取り込まれた塩のうち、ある種類のものは植物の体の働きを狂わせてしまいます。ですから、乾燥地かんそうちでは地面に塩がたまりやすいため植物が育ちにくく、たくさんの塩類集積えんるいしゅうせきが起こると植物が生きられなくなり、やがてただの塩と土だけの大地となってしまうのです。030 (400x300)
  1. 2013/07/15(月) 14:11:26|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

ロハス建材手抜きなし


砂漠さばく地帯の国々では、地面に塩がたまる塩類集積えんるいしゅうせきという問題を抱えています。塩類集積えんるいしゅうせきが起きると、土の中の塩が植物に害を与えるため、その土地はやがて植物の育たない土の塩だけの砂漠さばくとなっていきます。

 

1・・塩類集積えんるいしゅうせきとは?




砂漠さばくなどの乾燥地かんそうちでは、降水量こうすいりょうが非常に少なく、土も空気も非常に乾燥かんそうしています。このような場所では、雨だけで畑に十分な水をあげることはとてむずかしいことです。そこで乾燥地かんそうちでは、用水路などを作って近くの川や湖から水を引いたり、地下水をくみ上げたりして畑に水をまいています。畑にまかれた水は、一部は植物がすい、一部は土の下の方へと流れ、一部は蒸発じょうはつといって水が水蒸気すいじょうきに変わって空気中に水が逃げていきます。土の中に残る水はわずかで、その土の中にある水は地面の上の方が乾いてくると下の方から上の方へと少しずつ移動して、表面のあたりで蒸発じょうはつしてしまいます。

059 (400x300)
  1. 2013/07/15(月) 14:09:25|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

ロハス建材手抜きなし

砂漠化さばくかの直接の原因の一つに風があります。風は土を動かす働きを持っています。この働きにより、肥沃な土(表土)が奪い去られてしまうと、植物の根があらわれて枯れてしまいます。また表土が失われた場所は、植物が必要な水や養分を十分に与えることができないので、植物の育ちは良くありません。さらに、風が吹くたびに、残っている肥沃でない土砂も奪われ続けるので、植物は育つことができません。このように風が土砂を運び去ることで砂漠化さばくかがおこるわけです。
ところで、風によって運び去られた土砂はどこに行ってしまうのでしょう?消えてしまうはずはないのでどこかにあるはずです。広い範囲に散らばっているとちょっとホコリっぽいですが、まあ、あまり大きな問題にはなりません。しかし、狭い範囲にたまってしまうとたまった範囲の土地をたまる前と同じようには使えなくなってしまいます。家や農地が土砂に埋もれてしまうと大変ですね。たまる土砂の大半は表土ではないのでたまった場所に植物を植えても育ちが良くありません。さらに風が吹くたびに土砂が運び込まれ植物は埋もれてしまい育つことができません。このように風が土砂を運び込むことでも砂漠化さばくかがおこるわけです。
このように風は、土を運び去ることと運び込むことの二つの方法で、砂漠化さばくかを進めます。
春先に日本にやってくる黄砂は、ユーラシア大陸の中央部における砂漠化さばくかの影響を受けて、どんどん激しくなってきています。日本、中国、韓国、モンゴルが黄砂対策を一緒になって考えています。024 (500x375)
  1. 2013/07/15(月) 14:07:04|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。