自然環境  ロハス建材

ロハス  ロハス建材   評判

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ロハス建材八王子

花を食べるものとしては、まずイタリア名産のアーティチョークがあります。

ブロッコリー、カリフラワー、日本の菜の花などもお馴染みですし、サンショウの雄花も京都の人たちは上手に食べています。

 

桜の花はあんパンにのっていますし、菊は生の花ばかりか、菊海苔という干したものもあります。

フキノトウやミョウガも花を食べるわけです。

ケーキには昔からスミレ、桃色のバラ、そして黄色いモミザの花を、砂糖菓子にして飾りに使います。

 

ハーブもよく花を使います。

カモマイルの花茶は有名です。

最近は青いボリジの花をワインに乗せるとピンクに変わるのが面白いというので、はやっています。

チコリの花でもできますから試してみてください。

 

熱帯地方に行くと、野菜市場にさまざまな花が束になったり山積みになったりしてあって、食べてしまうのがもったいないような気さえします。

ターメリックの一種の花などは、タイではカレーに入れるのですが、食べるよりは食卓に飾っておきたいと思ってしまいます。

  IMG_0118 (400x300)
  1. 2013/07/14(日) 13:37:33|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

ロハス建材八王子

花というのは、もともと葉が変形したものです。

しかも植物が子孫を残すために、昆虫などに花粉を運んでもらう目的で、美しい色や形、匂い、そして甘い蜜まで用意するところですから、一般に花そのものに毒を持つものは少ないのです。

 

もっともをトリカブトのように、昆虫には無害なのに、人間など哺乳類には有害な成分を花の蜜に混ぜるという、高級技術を使う植物もあります。

しかしそれ以外の花は比較的安全な食べものだし、だいたい柔らかくて食べやすいものが多いのです。

 

花が咲くころは、木がまだ葉が出ていないか、あるいは葉が固くて食べられなくなっています。

そこで食べられるものなら何でも利用してきた人間は、花も食べるようになりました。IMG_0119 (400x300)
  1. 2013/07/14(日) 13:36:18|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

ロハス建材八王子

中国式のモヤシ炒めには、茎が長く延びていないモヤシは使えません。

熱帯で茎の長いモヤシを買うときは、わざわざ中華街に買いに行ったものです。

気温が高いところでは茎の長く伸びたモヤシはとても腐りやすく、氷詰めにして持ち帰るなど苦労しました。

 

ところで、なぜわざわざマメをモヤシにして食べるのかというと、モヤシにすると簡単に煮えるので、燃料節約の効果があるからです。

 

インドではピーの入ったピラフを作るとき、生のグリーンピースがなければ乾燥したピーを一晩水につけて、白い根が伸び始めた豆を使います。

また、根が出始めた程度のモヤシなら比較的乾いていることもあって、保存もききます。

 

なおビタミンCは、乾燥したマメではほとんどゼロですが、モヤシには大体10から20ミリグラム含まれています。

マメの種類や大きさにもよるようですが、ソラマメではなんと110ミリグラムにもなり、ゆでても90ミリグラムも残ります。

日本でも手に入るようになったら食べてみたい野菜の一つです。 IMG_0116 (400x300)
  1. 2013/07/14(日) 13:33:53|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

ロハス建材評判

滞在したバリ島サヌール地区は、バリ島で本格的に観光開発が始められた
1970年代に最初に観光地として大量の観光客を受け入れる施設がつくられたところであり、またその開発にあたってバリ島の寺院のシステムを根底から揺るがす大きな問題が提起されたところでもある。
今回のバリ島滞在は、筆者の好奇心が再燃し、あえて最近、観光客を呼び込む定番のクタ、ヌサドゥ地区を避けて、バリ島の「歴史、宗教、民族、生活」を深く知るには好都合だろうとサヌールを選んだ。004 (640x480)
  1. 2013/07/13(土) 16:08:28|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

ロハス建材評判

フィリッピン、タイ、インドネシア、中国を短期で駆け巡り、ハワイ、マレーシア・ペナン、そしてオーストラリア・ケアンズ(2度)を妻と2人で長期ステイしながら、単なる観光旅行に止まらず、その土地の「自然、民族、歴史、生活」を自分なりに少しずつ紐解いてきた。その延長にバリ島の不思議な魅力をもう一度確認しようと2ヶ月間の滞在を決めた。005 (640x480) (500x375) (500x375)
  1. 2013/07/13(土) 16:05:40|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

ロハス建材評判

バリ島は寺院を基軸とするシステムが貫かれ、人生でいう「誕生→社会生活→死」、「自然現象の出現→結実→腐敗」という三つの局面に対応している。バリ・ヒンズーの人達はこれを具体的な形態を持って社会制度を作り上げている。バリ島を訪れると、必ず寺院を巡り、そこで営まれている生活、文化、芸術にいやおうでも触れることになる。短期の観光ではそれらに築かれた造形美に驚かせられ、異世界の魅力を存分にも楽しませてくれる。
002 (400x300)
  1. 2013/07/13(土) 16:03:41|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

日本の水

日本の水はキレイで安心、水道の水もそのまま飲めると言う様に水がキレイだからです。でもこれは日本だからだと言う話でも有ります。世界の中ではキレイな水が飲めないと言う国も多いです。生活排水、工場排水と言った水を飲んでいる国もあるそうです。

こうした事を見ていると日本人は恵まれているなと感じますよね。そんな大切な水を汚染してしまうのですから酷いですよね。美味しい水が飲めなくなってしまうのです。
いつでも有る物と思わないで、限りある資源を守る様にして水資源を守っていく必要が有ります。
その為には水についてきちんと知る事から始めてみてはいかがでしょうか
  1. 2013/07/12(金) 17:08:57|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

水問題・・・

こうした地球問題は放っておくと大変な事になりますが、一体どうすればこの現状を打破出来るのかと言う事が問題視されています。
人間の身体の約7割近くが水分だと言われています。また睡眠中にコップ1杯程の汗をかくとも言われています。
こうした事からも水が無ければ人間は生きていく事が出来ません。しかし水は無制限に有る物では有りません。限りある資源なのですが、それを忘れてしまう人が多いのも事実です。そして私達日本人は水質汚染に関して危機的だと感じていない人が多い様です
  1. 2013/07/12(金) 17:08:28|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

ロハス建材口コミ

カボチャ(南瓜)は、南北アメリカ原産のウリ科の植物です。日本には、ポルトガル人がカンボジア経由で持ち込み、カンボジアからカボチャになったと言われています。カボチャは、東洋カボチャと西洋カボチャに分類されます。
カボチャは、茹でるのではなく、蒸して食べるのがおすすめです。蒸すことで、カボチャ本来の甘みを味わえます。なおビタミンCは水に溶けやすいので、水洗いしたり、調理する場合には注意が必要です。みそ汁にした場合、スープを全部飲むのがおすすめです。
カボチャを使用した料理には、煮物・みそ汁・ほうとうなどがあります。IMG_0114 (400x300)
  1. 2013/07/12(金) 14:00:38|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

ロハス建材口コミ

ピーマンは、熱帯アメリカ原産のナス科の一年草です。ピーマンは、辛味のない唐辛子の仲間です。緑ピーマンは、未熟果で、完熟すると赤や黄色に変わり、栄養成分も多くなります。日本には、アメリカから明治に伝わりました。
ピーマンは、サラダなど生で食べるのが一番おすすめです。美白に役立つビタミンCをムダなく、摂取できます。なおビタミンCは水に溶けやすいので、水洗いしたり、調理する場合には注意が必要です。スープにした場合、スープを全部飲むのがおすすめです。
ピーマンを使用した料理には、サラダ・野菜炒め・肉詰め・青椒肉絲・天ぷらなどがあります。IMG_0113 (400x300)
  1. 2013/07/12(金) 13:57:38|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

ロハス建材口コミ

植物工場はまだまだ認知が低く、特に海外ではその生産コストから実践に取り組むところは限られています。また、完全制御型の場合、光源のLEDの色の組み合わせにより栽培結果が変わるようですからこのあたりは日本のお得意とするエリアではないかと思います。

一方例えば中東で行う場合にはコストが抑えられる太陽光利用型にすればよいわけで地域特性をうまく利用した展開をすれば良いかと思います。

今後の更なる努力で栽培品種の増大とコスト低減による普及への弾みに期待したいと思います。

今日はこのぐらいにしておきましょう。

ブログの応援もお願いできますか?クリックをするとブログランクアップにつながります。
IMG_0118 (400x300)
  1. 2013/07/12(金) 13:43:49|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

ロハス建材   仙石敦嗣

春の足音がきこえてくると、いち早く目覚めて淡い緑の頭をのぞかせるフキノトウ。そのほろ苦さがなつかしいあの日へと誘ってくれます。
 あの暑い夏の日、友達と虫を捕りに行った森や林。秋になると赤や紫の実をつける木々たちが濃い緑の葉を茂らせています。やがてそれらの葉が赤や黄色に色づく頃、木の実もたわわに実ります。その木の実を求める子供たちの楽しそうな声が辺りに響いています。IMG_0100 (400x300)
  1. 2013/07/11(木) 16:05:35|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

ロハス建材   仙石敦嗣

今から約60数年前戦中戦後の食糧難の時代、食べ盛りの子どもの頃を想い出す。付近の山や草むら、田んぼの畦や畑の縁に母親と一緒におかずにするために野草を摘みに行った。
 春先の田んぼの中には「たびらこ」(コオニタビラコ)が沢山採れた。ロゼット葉といって葉が土にへばりついている。帰って母親はそれをきれいに洗って油炒めにして食べさせてくれた。今は亡き母親の苦労と、「たびらこ」のおいしかったという記憶がよみがえる。
 近頃は、春先のコオニタビラコをほとんど見かけなくなった。田のあぜ道や道端に「がんそう」(ヤブカンゾウ)をよく採りに行った。まだ若い数センチ前後のものを茎の根元から摘み取る。これは酢味噌和えにして食べた。独特のぬめりがあっておいしかった。
 春から夏にかけて畑の雑草として生えるアカザ。これは煮浸しにして食べていた。食糧難の時代だからかおいしいと思って食べた。食べるものがなくて「ヒモジイ、ヒモジイ」と言って泣く我が子のために母親は食料を求めてずいぶん苦労したことだろう。
 飽食の時代、今ではとても考えられないことだ。(IMG_0101 (400x300)
  1. 2013/07/11(木) 16:04:08|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

ロハス建材   仙石敦嗣

身近な野草(いのちぐさ)

 家の前の少しばかりの畑で、野菜作りをしています。蒔いた種はなかなか生えませんが、雑草は抜いても抜いても、次々生えてきて手に負えません。毎日草取りに追われています。

 雑草をふくめていわゆる野草の生命力には驚きます。人に踏まれる所でも、やせ地でも、アスファルトのすきまでも、日の当たる所ならいたる所に生えてきます。こんな野草もほとんどが食べられるようです。私が子どもの頃には、戦中戦後の食糧難の時代でしたから、ここに取り上げた野草はほとんどのものを食べた記憶があります。今、八百屋さんの店頭に並んでいる野菜は、見かけのきれいなものばかりですが、人の手の加わっていない自然の野草は、ビタミンとか体に良い成分が沢山含まれていると聞きます。草取りをしながら手にとって見る野草(雑草)は、実に可憐であり、その生命力が伝わってきます。

 今回は、どこの畑や庭や道ばたでもごく普通に見られる野草(雑草)を数点取り上げてみました。皆さん!是非一度食べてみては如何ですか。雑草のたくましい生命力は、まさに「いのちぐさ」といえるでしょう。
IMG_0102 (400x300)
  1. 2013/07/11(木) 16:01:59|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

ロハス建材  仙石敦嗣


現実の世界は貧富の差が広がり、植民地が存在するし、食費が家計の70%を超える国も少なくないのが現状です。
失業中の人が37%以上もある国もあるのですから世界は平等な平和などありません。
日本は思いやりの心を持つ人々が増えればまだまだ平和な国です!
  1. 2013/07/11(木) 13:01:38|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

ロハス建材  仙石敦嗣


日本の平均気温って何度なのでしょう?
この気温。経済にもきっと繋がっていると思えるのです。
日本の良さを見直すのもいいのではありませんか。
確かに上を見ると羨ましい気持ちや不満が生まれるかもしれませんが、世界中を見渡すと恵まれた国だと
年を重ねるごとに思います(*^_^*)
  1. 2013/07/11(木) 12:52:46|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

ロハス建材   仙石敦嗣

熱帯に生える“ウシツノアカシア”という木には茎に2本ずつ組になった中空の刺(とげ)がたくさん生えている。1匹の女王アリがこのアカシアの幼木の刺の中に穴を開けて潜り込み、家族(コロニー)を作っていく。コロニーは次第に成長し、アカシアが成木となるころには1万匹もの大集団になることも珍しくない。 この中の働きアリが茎の上をパトロールし、 甲虫や毛虫、 他種のアリなどがアカシアによじ登ろうとすると攻撃して撃退する。また、アカシアの近くで成長し、光を遮る他の植物をかみ切って取り除き、さらに、アカシアに触れる動物や人間のにおいを感ずると刺の中から出てきて蟻酸で攻撃する。
 では、このアリはなぜアカシアの上に住んでいるのだろうか。その理由は、このアリはアカシアから刺という隠れ場所を提供されているだけでなく、「ベルト体」と「葉蜜腺」という2種類の花外蜜腺(熱帯植物等の葉や葉柄、茎などにあって、栄養価の高い糖類やアミノ酸等を含んだ蜜を分泌する)から食物を受け取っているのである。このように、このアリとアカシアとは互いに相手に依存して生きている絶対的な共生関係にあって、アリのいないアカシアは草食動物に食べられたり、競争関係にある植物に光を遮られたりして1年以上は生きられないという。

030 (400x300)
  1. 2013/07/10(水) 14:20:32|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

ロハス建材   仙石敦嗣

イチジクはヒョウタンのような外皮を持つ緑色の果実に似た花をつける。これをシンコニュウムと呼ぶ。この中には雄花と雌花の他に、虫えい花と呼ばれる不妊の花があり、その3種が密生して入っている。同じシンコニュウムの中では雄花が先に成熟し、隣の雌花を受粉させることはない。この花の受粉は“イチジクコバチ”が担当している。このシンコニュウムの中の虫えい花には一世代前にイチジクコバチの卵が産みつけられており、この中で孵化した幼虫はシンコニュウムを食物として大きくなり、蛹から成虫となる。雄成虫は雌より先に羽化すると、雌成虫のいる虫えい花に潜り込み雌と交尾する。イチジクの雌花はこの雌のハチの羽化期に合わせて成熟するので、羽化した雌成虫の体に花粉が付着する。花粉をたくさん付けて次世代を宿した雌はこのシンコニュウムを脱出し、他のイチジクを見つけて、そのシンコニュウムに侵入し、虫えい花を見つけて産卵する。虫えい花を探している間に体に付いている花粉は雌花に受粉される。このようにイチジクとイチジクコバチはそれぞれの繁殖に関して互いに深く助け合って進化してきた仲良しである。

042 (400x300)
  1. 2013/07/10(水) 14:19:05|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

ロハス建材   仙石敦嗣

 熱帯雨林では植物が鬱蒼と生い茂り風も弱く、風による花粉媒介は効率が悪いため、動物による花粉媒介が広く見られる。中南米の熱帯雨林では鳥類やコウモリ、昆虫などが重要な花粉媒介者となっている。例えば、ハチドリに花粉媒介される花の管状部分は比較的長く、花の色はオレンジ色や黄色が多い。一方、コウモリに花粉媒介される花には暗闇で見つかりやすい白い色が多く、コウモリを引き寄せるためジャコウのようなにおいを発するものが多い。鳥類やコウモリは遠くまで飛ぶ能力があるので、広い地域に分散して生えている植物間の他花受粉の媒介に適し、植物にとって都合がよい。
 ジガバチ類も長距離飛行するため、広い地域に分散して生えているランの仲間の花粉媒介を行っているが、このランはハチの寿命を延ばす物質を分泌していると言われ、それにより、ハチにしては長寿の6カ月も生きて花粉媒介に貢献しているという。
005 (640x480) (500x375) (500x375)
  1. 2013/07/10(水) 14:17:28|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

ロハス建材  仙石敦嗣


暑いですね。

先週末から急に訪れたこの暑さ!

体がついていけません・・・



関東は例年よりも早い梅雨明けとゆう事で空が夏空ですね。

そのお陰か?珍しく昨日の七夕が晴れましたよね。

七夕は毎年天気が悪くて、天の川が見れないなっと思っていたものです。

もともと、星はあまり見れないのですが・・・。

おり姫☆とひこ星☆が見れた方はいらっしゃるのかな?
  1. 2013/07/08(月) 12:47:45|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

ロハス建材    仙石敦嗣

環境団体が地球上に存在する森林の存在を念入りに調査したところ、80世紀前に比べ、なんと6割強もの森林が消えているという結果が出ております。この数値は驚異的でもありますが、さらなる調査により現在年間における森林の減少を加算していくと、これから半世紀ほどで森林の全くなくなる地域も出てくるという予想もされています。これから先、世界的に森林を守るためにも、森林伐採をしないように、今の状況を回避することが必要になっています。森林を守っていくためには、これから先、私たち自身も資源を大切にしていく心が必要になってきているのです。005 (640x480) (500x375) (500x375)
  1. 2013/07/07(日) 16:05:24|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

ロハス建材   仙石敦嗣

コンゴウインコは17種あり、その中のいくつかは絶滅の危機に瀕している。この鳥は愛嬌があり遊び好きであることからペットとして人気が高く、その多くが不法に捕獲され取り引きされている。そして、多くの種が生息地としている熱帯雨林もまた、急激な速さで消えつつある。

 スミレコンゴウインコ、アカミミコンゴウインコ、アオキコンゴウインコは深刻な絶滅の危機にあり、ウミアオコンゴウインコとアオコンゴウインコの野生種は既に絶滅している可能性がある。
003 (400x300)
  1. 2013/07/07(日) 15:43:41|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

ロハス建材   仙石敦嗣

この数年は自然林を農地に戻す動きが広がりましたが、景気低迷などによってふたたび需要がなくなると、人が農地や茶樹の手入れをしなくなり、また長い年月を掛けて自然林に戻ります。
何百年も生きる茶樹にとって、こうしたサイクルはかえって新陳代謝をうながし、より長寿になるのを助けているのかもしれません。030 (400x300)
  1. 2013/07/06(土) 14:43:16|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

ロハス建材    仙石敦嗣

■農地のリサイクル
茶山には過去に農地だったところが、何らかの理由で自然林に戻っているケースがあります。そこには野生化した茶樹が今も生き延びています。周りの雑木の日陰に甘んじて、ひょろひょろと育っていますが、幹の太い樹齢の古いものもあります。


近年のプーアール茶ブームによって古茶樹の需要が増えたので、こうした自然林を農地に戻す動きがあります。周囲の雑木を間引いて、伸び放題になっている茶樹の枝を剪定したり切り戻したりして採光が確保されると、翌年から春いちばんの茶葉が収穫できるようになります。

IMG_0116 (400x300)

  1. 2013/07/06(土) 14:42:12|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

ロハス建材   仙石敦嗣

野生茶樹の発芽は年に一度、気温が上がって雨の季節が近づく4月中旬になります。そのため栽培型の古茶樹にくらべると、春いちばんの特別な風味を持つことはありません。
また、野生の茶は他の動植物との生存競争に負けないための強い免疫力を持ちます。虫や植物の嫌がる成分を多く持つようになるので、辛味やエグ味が強いものも少なくありません。

製品には「野生茶」と称するものが多く販売されていますが、実際のところはそのほとんどが過去に人が栽培していた茶樹が長い間山に放置され半野生化した茶樹のものであり、純然たる野生茶というものの存在は証明されていません。
025 (400x300)
  1. 2013/07/06(土) 14:40:55|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

ロハス建材   仙石敦嗣

短編成鉄道輸送要求に答えるため近距離鉄道事業を作る。国家予算を使い運賃補償で混合輸送を促進するため、開発と運用のため国家と事業者が協定を交わす。 混合輸送事業者は既存施設を使える。特に航空路と連絡する高速輸送など革新的方式に特別優遇措置を与える。
古典的輸送と高速輸送の市場競争を公平に進め、運送の総体的増大を計る鉄道事業調整部門が作られる。
2015年末以後は電化区間では電動列車以外の運行は禁じられる。
III−多方式運用でフランスの港の国際競争力を高め、取扱量増大で雇用を増やし環境を改善する。目標は港を出入りする交通の道路以 外の比率の倍増である。
このため港の容量を増やし、鉄道、河川の大量輸送で港を連結する。新設または増強した大幹線により港と後背地の鉄道連絡をする。005 (640x480) (500x375) (500x375)
  1. 2013/07/05(金) 15:28:17|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

ロハス建材   仙石敦嗣

II− 鉄道網再生のための国家と公共機関の投資は「鉄道刷新2006-2010」計画より2015年には年4億ユーロ、則ち2004年の2.5倍増大させる。地 方は鉄道網の維持と再生のために協力する。高速鉄道網の拡大と混合新線の設置で鉄道輸送量を増大させる。1000メートル以上の長さの列車を運行する2本 の南北幹線を作る。
IIbis(新設)−持続可の交通政策では既存鉄道網の質の改善と刷新を優先する。
刷新により、信頼性、速度、規則性、柔軟性で質の高い輸送を行う。このため、国家の投資を利用者の利益の点で重要な優先区間に集中する。
利 用度の高い鉄道・高速網と混合運送と特に積替えを考えた長距離輸送のため道路運送の代替え方式を作る。第一段階の鉄道・高速網はリヨン地域まで延びるアル プス線、ペルピニアン・リュクサンブール線、バスク地方・パリ・北フランス間の大西洋線である。基盤更新に5千万ユーロ、古典式と高速運送併用プラット フォームに5千万ユーロを使う。既に運用されている例を研究し、更に利用度を高める。国家は事業者に長期貸付と保証をするIMG_0116 (400x300)
  1. 2013/07/05(金) 15:26:44|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

ロハス建材   仙石敦嗣

I− 物資運送では河川、鉄道、特に沿岸海運が優先される。このため国家は国土の整備と経済均衡を考慮してこれらの部門の基盤に優先投資を行う。鉄道、河川の大 量輸送、河川と鉄道、高速道と鉄道、高速道と海運の組合わせを発展させる。このため、新計画発足と事業者の経済安定のため、炭素税で補填される先行資金を 考える。
道路以外の物資運送比率を現状の14%から2022年に25%に高めるため、交通政策のための諸手段を動員する。第一段階として今後2012年までに道路 外運送比率を25%増大させる。IMG_0108 (400x300)
  1. 2013/07/05(金) 15:23:30|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

ロハス建材   仙石敦嗣0

IMG_0108 (400x300)


  生物地理学的にみて、日本は森林が全土を覆う森林の国です。「あとは野となれ山となれ」というように、放っておくと森林になる自然環境に私達は長い間暮らしてきました(写真①)。生活物資も多くは森林の産物を利用して、また森林を開墾して農地を作る、そんな生活を送る文化を作り、文明化してきました。その結果として現代の私達とその社会があります。産業革命以来、特に1960年代以降の高度経済成長期を経て、私達の生活の基本は鉄・石油などの鉱物資源や化石資源を基にした材料を駆使する文明依存に変わり、あるがままの自然の価値を忘れるようになってきました。これらの文明は、実は、人類を含む生命体が進化適応し生きて行くための基盤である自然をなくすことによって成り立っているのではないかと、世界中の人が気付き始めました。その大変大きな破壊力は、実は一人一人の小さな力が集まった結果だということを、案外人は気づいていません。まず、そこに気付くことから、生存環境を良い状態に守ることが始まるのだと思います。
  1. 2013/07/04(木) 16:01:58|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

ロハス建材   仙石敦嗣


 既存の都市で新しく緑を生み出すというのは並大抵のことではない。そこで、杉並区では「杉並区桃井三丁目プロジェクト」を実施している。杉並区に工場を所有していた日産自動車が土地を売却した際、区がそのうちの4割程度の土地を買い取った。予算がなかったため旧建設省の「防災公園街区整備事業」へ名乗りを挙げ、防災公園と市街地の一体的整備をすることとなった。国から補助金が出る上に、自治体は5年間返済据え置きで、20年かけて返済すればいいという制度である。阪神・淡路大震災で公園の防災機能の高さが証明され、杉並区は日産工場の周囲は全て宅地だったので、防災公園を必要としていた。また区で買い取れなかった分の用地も、民間で緑の多い宅地として整備してもらうことになった。防災公園と宅地を合わせ、都市公団(都市再生機構)がトータルな整備を行い、最終的に区のものとなる。現在、その防災公園予定地の一部を「桃井原っぱ広場」として公開している。
 また、最近都市公園、都市緑化に関する法律が改正し、都市緑地保全法が都市緑地法と改まり、保全地域の指定要件、緑化率の規制、地区計画による緑地保全など様々な計画手法が用いられるようになった。この改正で最も特徴的なのは、都市緑化が公園整備と連動するようになったことだ。立体都市公園制度が導入され、借地公園の整備促進も盛り込まれた。それを具体的に実施した例がある。例えば、マンションの建物の上辺や地下駐車場の上の土地を緑化しようとする場合、これまでは所有者が独自に行うことしかできなかったが、法改正でこの土地を区や市が借地し、公園として整備・維持できるようになった。この試みを実現したのはきたみふれあい広場だ。小田急デパートの車庫の広大な屋上を公的な公園にしている。



IMG_0107 (400x300)
  1. 2013/07/04(木) 15:50:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:1
前のページ 次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。